気温がだんだん上がり始めて花粉も舞いまくる春は、肌コンディションが急降下しやすい過酷な時季。そんなときは調子が悪いなりのケアが絶対条件!対処方法がわかっていれば、いざというときも安心です♡ここでは、ゆらぎ肌になってしまう原因と、それをリカバリーするためのセルフケア術をご紹介します。

【詳細】他の写真はこちら


春の始まり・・・なんだか急に肌の不調を感じるときがない!?それ、ゆらぎ肌かも!
YES!」と思ったガールは見逃し厳禁!まずはゆらぎ肌の基本を知り向き合ってみて!ふだんは肌が弱い方じゃないからって、少しの違和感は「たいしたことないし〜」ってスルーするのは危険!肌が出してるSOSサインを見逃さないのが、ゆらがない肌作りの第一歩です!

教えてくださったのは

銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生

〝メスを使わないエイジングケア〟をモットーにした、ナチュラル若返り術に定評アリ。豊富な知識を生かしメディアでも幅広く活躍。最新著書『女医が教える、やってはいけない美容法 33』(小学館)が好評発売中。


こんな症状が出ます!
ムズムズ チクチク 赤み 乾燥 かゆみ ヒリヒリ 大人ニキビ

コレが1コでも当てはまった人はゆらぎ肌の可能性。

「慢性的に肌が不安定なのが〝敏感肌〟。〝ゆらぎ肌〟とは、いつもは問題なくても季節の変わり目や寝不足のときなどに、肌がムズムズしたり大人ニキビができたりする肌のこと。見た目が粉っぽかったり、キメが乱れてメイクノリが悪いのも特徴です」(慶田先生)

「ゆらぎ肌」と「敏感肌」ってどう違うの?
ときどき敏感〟になる肌がゆらぎ肌です
ゆらぎ肌になってしまう主な原因は大きく分けて2つ!
ゆらぎ肌の要因は多種多様。花粉など春ならではのものもあれば、生活習慣の乱れや間違ったケアで自らゆらぎを招いていることも。内外両側から対策して。

■外的要因

花粉、黄砂

春のいちばんの大敵!

花粉や黄砂などの大気汚染物質は肌に付着すると刺激物となります。肌のバリア機能が低下していると肌内部まで入り炎症の原因に。

大気の乾燥

まだまだ油断は禁物!

大気の乾燥は肌の水分を奪います。これはバリア機能が壊れた状態。すると角層の水分が逃げ、さらに刺激を受けやすくなるという悪循環に。

肌への刺激・摩擦

せっかくのお手入れが逆効果かも!?

洗顔時に肌をこする、古いパフでファンデを塗るなど、物理的な刺激を与え続けると肌は確実にゆらぎます。合わないコスメを使うのもNG。

他にも気温の寒暖差などの影響も

寒暖差があると毛細血管が拡張して赤みやかゆみが出現することが。また急に気温が上がると春モードに体がついていけず、自律神経が乱れ免疫力も低下し、ゆらぐ原因に・・・。

■内的要因

睡眠不足

眠りが足りないと体も心もすべて乱れます!

先生が真っ先に見直すべしと挙げたのが睡眠。寝不足が続くと肌再生が行われず、心身ともにダメージ大。1日最低6時間は欲しいところ!

食事の偏りや腸内環境の乱れ

健康にも美容にもいいコトなし!

食事のバランスが悪く栄養不足だと肌も不健康に。摂取量も重要なので過度なダイエットは×。便秘は肌の乾燥を招くので、腸ケアも大事です。

ストレス

アラサー世代は特にたまりがち。

人事異動など環境変化が多く忙しい春。ストレスが続くと交感神経の緊張が続きバリア機能も低下。睡眠の質や栄養の吸収も悪くなります。こまめに発散して!

他にも運動不足などの影響も

運動不足だと体内循環が滞り、代謝も乱れがち。栄養が届きにくくなるので肌も不安定に。ストレッチなどはストレス発散にも◎。

もしかして自分もゆらぎ肌かも・・・と思った人は、ケア&テクをCHECK!

次は肌がキレイな有名人のケア&テクを紹介!

ゆらぎ肌でもキレイなあの人のセルフケア術を真似すべし!実はあの人もゆらぎ肌に悩まされているんです!

いつもキレイな人は、肌がゆらいだときでも立て直すリカバリー術をしっかり持ってる!コスメもライフスタイルも、多方面からのケアを大切にしていました♡

フリーアナウンサー 宇垣美里さん

とにかく保湿を重視した生活習慣を徹底!

「乾燥がゆらぎ肌の原因になることが多いので、念入りに保湿。入浴剤は、お湯が柔らかくなるミルク系やオイル系が好きです。」

ゆらぎ肌歴
幼いときからずっと、季節の変わり目、睡眠不足、乾燥、紫外線などでゆらぎます


Rescue 1. 温かいものを飲んで、寝る!
「体が冷えていると巡りが悪くなり肌力が落ちるので、常に温めることを大切に。冷たいものを摂らないようにして、紅茶やホットミルクお味噌汁をよく飲みます。毎日、必ず1時間じっくりと湯舟に入浴。その日の気分で入浴剤を選んで楽しみながらケア!」

Rescue 2. 本当にひどいときはやっぱり皮膚科
「徹底的に保湿していても、季節の変わり目や睡眠不足のときは荒れがち。そんなときは迷わず皮膚科へ行き、薬を塗ってよく寝れば、肌の調子も回復。仕事がない日はできるだけノーメイクで肌負担を減らしています。」

モデル 辻元舞さん

肌に刺激を与えないよう日常的に意識。

「出産後は肌が乾燥しがちで、ちょっとしたことでも赤みが出るように。コスメは〝低刺激〟が選ぶ基準になりました。」

ゆらぎ肌歴
1人目の子どもを妊娠した約4年前から 季節の変わり目、花粉、生理前は、肌にかゆみ&赤みが


Rescue 1. とにかくこまめにワセリンで保湿
右・ミネラルUVパウダー(3/4限定発売)¥2,800/ETVOS 左・サンホワイト P-1 50g ¥1,200(編集部調べ)/日興リカ

右・紫外線吸収剤不使用でシンプルな配合成分。

左・高品質な白色ワセリン100%

「ゆらぎを感じたらサンホワイト一択。まめに塗って、肌を潤し刺激からもガード日焼けによる炎症も避けたいので、UVパウダーも使います。」

Rescue 2. お湯の温度や食べ物にも注意する
「肌の調子がイマイチなときは、いつも以上に熱いお湯を避けてシャワーもぬるめに。辛いモノなど炎症を起こす食べ物も控えています。」

モデル 宮田聡子さん

年々原因が増える肌のゆらぎには多方面から対策!

「年齢を重ね、肌が荒れることが増えてきたので、色んな角度からいたわるように。月に1回はタカミクリニックで、悩みに応じたメニューで肌を底上げします。」

ゆらぎ肌歴
10年前に紫外線アレルギーに 3〜4年前に花粉症も発症 寒暖差でもかゆみやブツブツができる


Rescue 1. お守りコスメのスキンケアにチェンジ
右・クレーム ドゥ・ラ・メール 30ml ¥19,000/ドゥ・ラ・メール 左・トレリアン センシティブ リッチ 40ml ¥4,000/ラ ロッシュ ポゼ

「肌がピリピリしたらスキンケアラインを『ラ ロッシュ ポゼ』に切り替え。特におすすめはクリーム!さらに乾燥して痛いときは『ドゥ・ラ・メール』に。肌がしっとり落ち着きます。どちらのクリームも感動の保湿力で頼りになる!」

Rescue 2. 枕カバーコットン素材にする
「寒い時期は厚手の枕カバーを使いますが、肌が敏感なときはコットン素材に替えます。寝返りが多いので、チクチクした素材は厳禁。こまめに交換して清潔に。」

■トータルビューティーアドバイザー 水井真理子さん

規則正しい生活を心がけて、家の掃除も徹底。

「春は花粉やほこりが舞わないように家の掃除を強化。自律神経も乱れやすい春は特に、就寝&起床時間も整え、体内時計を乱さないようにしています。」

ゆらぎ肌歴
花粉症になって約30年 約15年前からストレス睡眠不足でもゆらぐように


Rescue 1. 花粉症の時期のベースメイクはコレ!
UV カラーバーナチュラルピンク SPF50+/PA++++ 18g ¥5,600/ドクター津田コスメラボ

「スキンケアで愛用している津田コスメから日中用バームが登場。肌に負担をかけずに紫外線、炎症、保湿ケアができます。ファンデ代わりにも使えて大活躍。」

Rescue 2. インナーコスメも活用!
スティックハニーセット 15g×10包 ¥1,300/山田養蜂場

国産、海外産の10種類のはちみつがIN。

「疲れていると肌の抵抗力も落ちるので、はちみつを持ち歩くようにしています。サッと栄養補給ができて気分もリラックス。また、腸内環境を整えて免疫力UPも意識しています。」

気になるゆらぎ肌をセルフケアでリカバリーして!
季節の変わり目ってなんだか肌がムズムズしたり、乾燥や大人ニキビが気になったり・・・そんなあなたはもしかして「ゆらぎ肌」かも!?花粉や乾燥など外的要因も、睡眠不足ストレスなど内的要因もあるので、内外両方から対策することが必要です。キレイな人たちが実践しているセルフケア術もぜひ参考にしてみて!

andGIRL2020年3月号より イラスト/東山容子 取材・一部文/橋場鈴里
(andGIRL

掲載:M-ON! Press