2020年東京五輪の延期が24日、正式に決まった。安倍晋三首相とIOC国際オリンピック委員会)のトーマスバッハ会長が1年程度延期することに合意。安倍首相は「中止はないと確認した」とした上で、来年夏までの開催を目指していく考えを明かした。

 決定的となりつつあった延期が発表され、焦点は2021年東京五輪の開催時期へと移る。

 2020年東京五輪7月24日8月9日を予定していた。関係者の多くが丸1年の延期で来夏、ほぼ同じ時期の開催を見込んでいることを口にしている。

同時期の1年後夏の開催が有力


 一方で複数の英メディアが候補の一つと挙げたのが、2021年春に行う「桜五輪」だった。複数のIOC委員が4月開催を提案したという。

 確かに4月開催のメリットはある。何よりも東京の真夏という酷暑を避けられる。札幌へ移転が決まったマラソン競技も、4月ならば東京で行えるだろう。

 ただその場合、ドリームチームでの来日が期待されるバスケットボールNBAや、欧州サッカーシーズン中のため、スター選手の出場がかなわない。特に男子バスケIOCの主要スポンサーである米NBC放送のドル箱コンテンツであり、彼ら抜きでは放映権収入が大きな打撃を受ける。デメリットもかなり大きい。

 現実的には、やはりほぼ同時期の1年後夏の開催が有力となるだろう。

 1964年東京五輪は秋である10月10日~24日まで行われた。その開会式の日である10月10日体育の日として国民の祝日となった。

 では近代の夏季五輪は、どのような時期に主に開催されてきたのだろうか。

・今すぐ読みたい→
新型コロナ「ドライブスルー検査なぜやらない?」にお門違い反論で赤っ恥・・・厚労省の迷走 https://cocokara-next.com/topic/drive-through-inspection/

夏開催の可能性が高いが・・・

 最も早い時期に開催されたのは1896年の第1回アテネ五輪。4月6日~15日まで行われた。まさしく今回英メディアが指摘した桜五輪とほぼ同時期にあたるのだろう。

 4月開催はその第1回大会の他に3度ある。1906年のアテネ五輪も4月22日から5月2日まで。それに続く1908年のロンドン五輪4月27日に開幕。閉会式は10月31日と、今では考えにくいほどの長丁場だった。1920年のアントワープ五輪も、4月20日に開幕し、9月12日まで行われた。1912年のストックホルム五輪は5月5日、1924年のパリ五輪5月4日に開幕し、どちらも7月27日に閉幕した。

 いわゆる真夏の開催が定着したのは1928年のアムステルダム五輪から。この年は7月28日開幕、8月12日閉幕と、2020年東京五輪とほぼ同じ日程だった。

 その後、1956年メルボルン五輪までは、真夏の五輪が続いた。この大会は南半球での開催だったため、11月22日から12月8日まで行われた。

 大きく開催時期がずれた契機こそ1964年東京五輪だった。開催国の日本は「スポーツの秋」を強く主張。東京の気候データを元に、この時期の開催がふさわしいと訴え、実現した。

 なおそれに続く1968年メキシコ五輪も気候を考慮され、10月12日~27日の開催。1988年ソウル五輪は9月17日10月2日2000年シドニー五輪9月15日10月1日だった。

 本来であれば2021年東京五輪も秋開催こそふさわしいのだが、前述したNBCなどの巨額のテレビマネーの関係上、夏開催が避けられない。桜五輪となれば日本が誇る桜を世界に披露する最高の機会にもなったのだが。正式な延期日時の発表まで、さまざまな声が上がりそうだが、酷暑五輪の呪縛からは簡単には逃れられなさそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
新型コロナ「ドライブスルー検査なぜやらない?」にお門違い反論で赤っ恥・・・厚労省の迷走 https://cocokara-next.com/topic/drive-through-inspection/

来年に延期された東京五輪の開催時期はどうなる?酷暑を避けて「桜五輪」の可能性も?!