25日、東京都小池百合子都知事は、都内で新型コロナウイルス感染者が急増していることを受けて、同日夜に緊急会見を行なった。

首都封鎖」「ロックアウト」という不穏な情報が錯綜していた中での緊急会見とあって、都内は一時混乱状態となり、スーパーから食品や生活用品が消えるといった事態が発生している。

画像をもっと見る

■不要不急の外出控えるよう要請

同日、小池都知事は都内で男女合わせて41人が、新たに新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表。

「今週に入ってオーバーシュートの懸念がさらに高まっており、今まさに重要な局面」であるとし、平日は可能な限り自宅で仕事、夜間の外出も控え、週末の不要不急な外出を控えるよう要請した。

関連記事:相次ぐトイレットペーパーの買い占め 現地で何が起きているのか

■レトルトカレー、袋麺の売り切れ続出

品薄状態の袋麺売り場

こうした事態を受け、都内在住の男性記者(20代)が同日22時過ぎに駅前のスーパーを訪れたところ、レトルトカレーインスタント麺などが品薄状態となっていたという。

デマ騒動からようやく品不足が解消されたトイレットペーパーティッシュ、キッチンペーパーといった生活用品も、再び品薄状態に。

品薄状態のカレー売り場

なおレトルトカレー売り場では、「辛口」の商品は比較的残っていた様子。

■肉や魚、野菜まで…

品薄状態の鮮魚コーナー

また、都内のスーパーを訪れた別の記者は、肉や魚といった生鮮食品から袋麺まで、ありとあらゆる商品が売り場から消えた光景を目の当たりにしたという。

ガラガラになった精肉コーナー

精肉コーナーでは豚肉や鶏肉が品切れとなっており、写真のように売り場はスカスカの状態に。唯一、牛肉はわずかながら残っていたようだ。

また、今回の騒動が原因であるかどうかは定かではないものの、野菜売り場ではもやしが完売していたという。

■「緊急会見」と聞いて焦り…

緊急会見は同日20時から行われたのだが、都内での感染者が増加傾向にあるとの報道から、ワイドショーが「首都ロックアウトの可能性」などと報じるなど、都民の緊張は高まっていた。

都内で夫と2人の子供と暮らす40代の女性は、「『20時から都知事が会見する』とのニュースを見て、『これは首都ロックアウトの発表に違いない』と思った」と話す。

そのため、「会見前にスーパーに急いだところ、大混雑」だったそうだが、会見の内容は「単なる『週末外出の自粛』」であったため、「にんにくとか野菜とかすぐ必要なものだけを買いましたが、レジは長蛇の列になっていました」と語った。

不安を煽るような情報も出回り、混乱した状況となっているが、信頼できる情報かどうかを精査しつつ、どうか落ち着いた行動を心がけてほしい。

・合わせて読みたい→コロナによる買い占めは海外にも… トイレットペーパーで大喧嘩が勃発し警察出動

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

突然の都知事緊急会見で都内は一時大混乱 「スーパーにもう何もない」