オードリー・春日俊彰

25日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、タレントつるの剛士ブルゾンちえみが番組卒業を発表。そのなかで「伝説の放送事故回」の映像が流れ、SNS上で爆笑の声があがっている。

■感動的な卒業回

この日、番組では卒業するつるのとブルゾンにまつわる企画を放送。初回から9年間も水曜メンバーを務めたつるのが「生放送の前に前室でやっちゃいまして。急にさびしくなっちゃって…」としんみりとしてしまい、MCの南原清隆からツッコまれる一幕もあった。

番組終盤、卒業証書としてつるのとブルゾンそれぞれを映像で振り返ると、つるのは号泣しながら「とても貴重な時間を過ごさせていただきました」とコメントした。

関連記事:陣内智則、宮迫博之の助言に猛ツッコミ 「誰が言うとんねん!」

■放送の最後に…

番組の最後には、南原から締めの言葉を任された春日が「さようなら、つるさん」と言ってブルゾンの名前を呼ぼうとしたところ、放送時間が間に合わずに番組が終了してしまうなど、笑いあり涙ありの放送だった。

いまいち締まらない終わり方に、ネット上では爆笑の声が続出。「放送切れちゃう流れで笑ってしまった これぞ水曜ヒルナンデスが溢れてた」「最後良い感じだったのに春日持ってくなぁ(笑)」「何を言おうとしたのかな?」「最後まで春日さんがやらかした」とコメントが相次いだ。

■まさかの「放送事故回」が流れる

また、思い出を振り返るシーンでは「伝説の放送事故回」と名高い、オードリーの「イス破壊」シーンが流れる。630万回の耐久テストクリアしたイスに春日が座った際、調子に乗ったふたりがイスを激しく揺らし続けた結果、イスの脚が折れてしまったという生放送史上でも類を見ない事故回だ。

感動的な卒業回で流れたことに、意表を突かれた視聴者は多かったようで、「まさかここで見られるとは…」「涙が引っ込んだ」「テレビ史に残る放送事故を変わらずイジるヒルナンデス好き(笑)」といった反響もみられた。

■生放送中のトラブルをどう思う?

多くの視聴者をドキドキさせたオードリーのイスハプニング。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,653名を対象に実施した意識調査では、全体で4割弱の人が「生放送トラブルを見るとドキドキしてしまう」と回答している。

生放送トラブル

卒業といっても湿っぽい終わり方ではなく、大爆笑の声が相次いだ今回の放送。過去のハプニングを笑いに変えた番組の心意気も評価したい。

・合わせて読みたい→『ヒルナンデス』春日の手作り作品 まさかの金額で売却され騒然

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

『ヒルナンデス』メンバー卒業回なのに… 「伝説の放送事故」に視聴者騒然