【この記事の動画を見る】

新型コロナウイルスの影響で、社員に在宅勤務を促す会社が多い中、イギリスのある会社が在宅勤務中にグループビデオ会議を行ったところ、自宅ということで緊張感が薄れてしまったのか、上司が話している最中にトイレで用を足した女性スタッフがいた。しかもその一部始終を他のメンバービデオで見られてしまうという大失態をおかしてしまった。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

英バッキンガムシャーのアマーシャムに暮らすピアーズ・マンメリーさん(Piers Mummery)が、今月21日にFacebookに投稿した動画が1100万回以上も再生されるほど人々の注目を集めている。そこには「あなたが在宅勤務中であれば、ビデオ会議の使い方を確認しておいてください」と記されていた。

投稿された動画にはグループビデオ会議を行っている11人のスタッフの顔が同時に映っており、チームリーダーらしき女性が話す内容に全員が耳を傾けていた。その内容は、従業員とクライアントとの関係においての倫理基準に関する非常に真面目な会議のように見えた。

ところが画面左側に映っている女性スタッフジェニファー・マイルズさん(Jennifer Miles)が、カメラの搭載されたノートパソコンを持ったまま場所を移動し始めた。どうやらジェニファーさんは会議中にもかかわらずトイレに行きたくなったようで、洗面所に入るとノートパソコンを床に置き、ズボンを降ろして便座に腰を下ろすとそのまま用を足した。

この時ジェニファーさんは、自分がビデオに映っていることに気づいていなかったようだ。そのためジェニファーさんが用を足す姿の一部始終を、他の10人のスタッフが目にしてしまったのだ。スタッフの中には口に手をあてて驚く人もいれば、「何てこと、ジェニファー…」と声を漏らして愕然とする様子もあった。

自分の姿がビデオに捉えられていたことに気づいたジェニファーさんはノートパソコンの向きをすぐに変えたが、時既に遅しだった。会議中に話を続けていた女性は映像が見えない環境で、スタッフから笑い声が起こったことから「何かあったの?」と訊ねると、男性スタッフのひとりが「何でもないですよ」と返していた。

ジェニファーさんには酷なことだが、この動画を見た人達は笑いが止まらなかったようで次のような意見が届いた。

「これは笑えるけど、あり得ないよね。」
「もう、会議の内容なんて頭からすっ飛んじゃったのでは?」
「面白いけど、なんてかわいそうなジェニファー。」

中には「ジェニファーがユーモアセンスを持ってて、こんなに話題になっても気にしていないことを願ってるわ」と彼女を心配する声もあったが、在宅勤務に慣れている人達からは「ビデオ会議を介して様々な仕事が行われているので、これは大きな教訓となるだろう」と在宅勤務中のビデオ会議の場でも緊張感を忘れないようにとアドバイスするコメントも見受けられた。

画像は『TechReviewz 2020年3月21日公開 YouTubeVideo Conference Gone WrongEPIC FAIL」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト