新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国やスペインイタリアなどの国では非常事態宣言が出されている。こうしたなか、日本は比較的早い時期に感染者が出たにも関わらず、爆発的な感染拡大が見られていないことは、中国も注目するところとなっているようだ。中国メディアの今日頭条は20日、「日本はなぜ新型コロナウイルス感染者の爆発的な増加に至らず、持ちこたえているのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本で新型コロナウイルス感染者が爆発的に増えない背後には、「日本人の日常における、ある習慣が関係している」と指摘し、まず欧米諸国との大きな違いとして「日本人は握手や抱擁など情熱的な挨拶をせず、人同士の距離も欧米人ほど近くない」と指摘した。

 また、「日本人は静かな国民性で、大規模かつ社交的な集まりは日常にそう多くはない」とし、欧米人と日本人ではコミュニケーションにおける習慣が大きく違っていることを指摘した。

 ほかにも、「公共の場所は自動ドアが多く、ドアノブを介した感染が少ないこと」、「マスクを使用する習慣があること」、「規則やルールを守り、呼びかけられれば従う人が多いこと」も関係していると主張した。

 記事は、日常的にする「あいさつ」が至近距離で行われるような習慣のある国の人びとにとっては「感染抑制の方法が分かっても、短期間で習慣を変えるのは難しい」のが現状だと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本ではなぜ新型コロナ感染者の「爆発的な増加」がなかったのか=中国報道