親しい仲であるからこそ、厳しいことも言えるとの意見もある。しかしたとえ親しくても、気を遣ってきついことはいえない人もいるだろう。

画像をもっと見る

■3割が「指摘できる」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「人間関係について」の調査を実施した。

仲のいい人に厳しい指摘ができるグラフ

「仲のいい人に厳しい指摘ができる」と答えた人は、全体で33.9%だった。

関連記事:伊集院光が売れると思った芸人はあの人気者 決め手は「妻の意外な指摘」

■本音を言い合う若者

性年代別では、若い世代が高くなっている。

仲のいい人に厳しい指摘ができる性年代別グラフ

若者は友達と、本音を言い合えるようだ。

「なんでも本音で言い合えるのが、友達のいいところ。お互いが遠慮する関係なら、一緒にいる意味がないと思う。

私は、親友と呼べる子には、『そんな男性と付き合っていてもいいことはない』とか、はっきりと言っている。それは、相手に幸せになってほしい思いがあるから伝えられること」(20代・女性)

■親しき仲にも礼儀あり

しかし年を重ねていくと、仲のいい人に指摘ができなくなっていく。

「やはり『親しき仲にも礼儀あり』と言われるように、一線を超えるような指摘は僕にはできない。その人の人生なのだから、他人にあれこれ言われたくないだろうし」(30代・男性)

生きてきた分だけ、プライドが高くなる人も多いのだ。

「年を取るほど、どんどんプライドが高くなっていく人が多い。そのためにまっとうな指摘であっても、他人から言われると聞きたくなくなる。それをわざわざ指摘して気まずくなるよりも、そっとしておいたほうが無難だと思う」(40代・男性)

■自分の思い通りにしたい人

相手のためにと言いながら、自分の都合のいいようにしたいだけの人もいる。

「相手のためと言っておきながら、自分の思い通りに動かそうとしているだけの人がいる。そのような人の言うことを聞いていたら、精神が疲弊するだけ。

こちらのことを考えて言ってくれていると勘違いしないようにしたいけれど、最初は見分けがつかず引っ掻き回されるから面倒な存在」(30代・男性)

本当に相手のことを思っての指摘か、よく考えてから伝えたほうがいいのだろう。

・合わせて読みたい→人前で話すと動悸や息切れも… あがり症の人たちの苦悩とは

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

若い世代は本音でぶつかる? 仲良しでも厳しい指摘ができるか調査