【動画はこちら】

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、東京都の小池百合子知事が2020年3月25日20時ごろに会見を行い、「このままの推移が続けば、都市封鎖もあり得る」として、都民に今週の平日はできるだけ自宅仕事をし外出を控え、土日も「不要不急の外出」を自粛するよう要請しました。

そんな中、会見に同席した国立国際医療研究センター病院の大曲貴夫・国際感染症センター長が語った「新型コロナウイルスの怖さ」が話題になっています。

下は大曲センター長が語った言葉。

WHOの出している数字にも出ていますが、8割の人は本当に軽いんです。歩けて動けて仕事にも行けてしまうくらい。ただ、残りの2割の方は確実に入院が必要で、全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない。しかも、僕は現場で患者さんをよく診ているので分かりますが、悪くなる時のスピードがものすごく早い。1日以内で、数時間でそれまで話せていたのにどんどん酸素が足りなくなって、酸素量を上げてもダメになって、人工呼吸器をつけないと助けられないというふうに数時間でなって、それでも間に合わなくなって人工心肺も付けないと間に合わないということが目の前で一気に起こるわけです。ものすごく怖いです。罹った方で持病があったりする方は結構そういうことが起こる。だから、(そもそも新型コロナに)罹っちゃいけないと僕は思います。それが正直なところです。

ネットには「この情報を知らない人が大多数だと思う」「感染者の8割は軽い。そのために軽く見てしまうのは間違い」「現場の医療従事者の話が一番信憑性があり、ありがたい」「貴重な情報ありがとう」などのコメントが寄せられています。

今後、実際に医療現場で活動する人や感染者の声なども届けられればと思います。

【動画はこちら】

都知事の会見で、テレビでカットされた医療現場のセンター長が語った新型コロナの怖さがリアルだと話題に!「この情報を知らない人が大多数だと思う」などの声!