既設ホームは上り専用に変わります。

JR東日本横浜支社は2020年3月26日(木)、武蔵小杉駅横須賀線下りホーム新設工事に着手すると発表しました。

抜本的な混雑緩和策として新たに設置される横須賀線の下りホームは、長さ311m(15両編成対応)、基本幅員約5mで、コンコースとはエレベーター1基、エスカレーター2基、階段2か所で結ばれます。

現在使われている横須賀線の上下線共用ホームは上り専用に変わり、現在の下り線側には柵が設置されます。

新下りホームは4月に着工し、2022年度末ごろに使用が始まる予定です。

JR武蔵小杉駅の横須賀線新下りホームのイメージ(画像:JR東日本)。