2020年3月26日、中国国務院新聞弁公室は新型コロナウイルス対応の国際協力状況について記者会見を行った。中国紙・新京報が伝えた。
中国外交部の羅照輝(ルオ・ジャオフイ)副部長は、「新型コロナウイルスの発生源は科学の問題で、科学の専門家の意見を聞く必要がある。世界保健機関WHO)が何度も強調しているように、ウイルスを人種や地域に関連付けるのは避けるべきで、これは国際社会における普遍的な合意である」と述べた。(翻訳・編集/塩田)

26日、中国国務院新聞弁公室は新型コロナウイルス対応の国際協力状況について記者会見を行った。写真は武漢。