バルセロナに所属するデンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテが、自身の生活について語った。25日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今年の2月にレガネスからバルセロナへ移籍したブライトバイテは、ここまでスペイン王者の一員としてリーグ戦3試合に出場。現在は新型コロナウイルスの影響でリーグ戦は中断となっているが、今後の活躍へ意気込みを示している。クラブ公式のYouTubeチャンネルで以下のように語った。

「試合がない今は、いつもの日常よりも多くのことができると感じているよ。例えば自宅ではプレービデオを見て、チームを勉強している。今ではすっかり毎日の日課になっているよし、素晴らしいコーチングスタッフの下で自分を高められていると思うよ」

「また、食事療法に関しても素晴らしい日々を送っている。妻が上手に食材を調理してくれるから、僕の身体に必要なものを的確に摂ることができているんだ。食事療法を取り入れて以来、体重も絞れてきているからね。とても良い感覚だよ」

ウイルスに関するニュースを知った時は、非常に奇妙に思ったよ。映画の世界のようだってね。でも、これを乗り越えたら素晴らしい世界が待っているだろう。僕たちは、大勢の観客の前でサッカーができることを楽しみにしているんだ」

バルセロナに所属するブライトバイテ [写真]=Getty Images