好きな人が年上の場合、「妹みたいだ」なんて言われてしまうと、悲しくなりますよね。

でもその妹発言は、本当に妹に思っている場合と、実は異性として意識している場合とに分かれるようです。

好きな人が言う“妹”発言が脈アリなのか脈なしなのか……男性意見を交えつつ、その判断基準をご紹介します!

かまってくれる頻度が高いかどうか

「こいつは俺の妹分とか言っちゃうのは、他の男をけん制する意味もありますね。飲み会で自分の近くに座ってもらいやすいし、みんなで出かけるときも、自然と一緒に行動しやすいじゃないですか」(26歳/整備業)

“妹”には、実は他の男性を寄せつけないためという意味もあるかも。

妹発言をしたあとに、一緒にいる機会が増えたり、相手からかまってくれる頻度が上がったりしている場合には、脈ありの可能性が高いと言えるでしょう。

彼に「妹みたい」と言われたあとの行動を、しっかりとチェックしてみてくださいね

積極的に相談にのってくれるかどうか

「妹みたいと言えば、年上のお兄さん面して彼女の相談にのりやすい。相手も相談しやすいのでは?頼りがいがあると思われたいので、自分から『最近悩みない?大丈夫?』なんてどんどん声かけちゃうかも」(28歳/飲食店経営)

男性は頼られたい願望が強いもの。好きな女の子に頼ってもらえるようにと“妹”発言をする人もいるようです。

また、相手が遠慮することのないように気遣いとして、あえて言っている場合もあるのだそう。

彼から進んで相談に乗ってくれるようなら、脈ありのサインかもしれません。悩みを話して、彼の反応を見てみましょう。

見た目を変えたときに距離ができるかどうか

「家族みたいな存在だったので肩を組んだり近くに座ったり、距離が近くても気にしてなかった……。でも、ある日彼女が珍しく露出高めの服を着てきて、思わずドキッ!その日は女性として意識してしまって、いつもの調子が出ませんでした(笑)」(25歳/SE)

妹と言われたら、恋愛対象として意識されていないのかな……と悲しくなってしまいますよね。

彼の真意を探るには、イメチェンをしてみるのもひとつの手。

たとえば、いつもより少しだけ露出多めな服装にしてみる。ヘアやメイクを変えてみる。など、異性として意識しやすい雰囲気にしてみましょう。

そのときの彼の反応次第で、脈ありかなしかの判断ができるはず。

もし少しでもいつもと違う様子が見られたなら、それはあなたを異性として見ている証拠と言えるでしょう♡

“妹”という言葉の裏にある真意を見破ろう

「妹みたい」という言葉をストレートに受け取ってしまうと、異性と思われていないのかとショックを受けてしまいますよね。

でも実は、その発言には隠された真意があることも……!

脈ありか脈なしかの判断をする前に、ご紹介した方法で彼の気持ちを探ってみましょう。

(愛カツ編集部)