アーセナルは今夏、レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得を狙っているようだ。25日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 今季バイエルンからレアル・マドリードに復帰したハメスだが、分厚い選手層に阻まれて出場機会を失っており、今シーズン限りでの退団が予想されている。その移籍先候補の1つがアーセナルだ。シーズン途中にミケル・アルテタ新監督を迎えたアーセナルだが、今夏はガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやドイツ代表MFメスト・エジルら攻撃陣の主力に退団の噂があり、それが現実となった場合は新たなビッグネームをエミレーツスタジアムに連れてくるとみられている。

 ハメスはこれまでポルトガルフランススペインドイツプレーしたが、アーセナル移籍が実現すれば初のプレミア挑戦となる。しかし指揮官アルテタはスペイン語を話すため、ハメスにとってはポジティブな材料となりそうだ。28歳を迎えるハメスは今夏、新たな挑戦の道を選ぶこととなるのだろうか。

レアル・マドリードでプレーするハメス [写真]=Getty Images