YouTuberとして活躍する雨上がり決死隊宮迫博之の動画に24日、初の芸人仲間としてオリエンタルラジオの中田敦彦が登場し、話題となっている。最近の宮迫の動画は、お役立ち情報やグルメネタを放送するなど内容がブレブレであった。芸人仲間の登場に期待が集まったが、アンチも多い中田の登場に、ネット上では「一番見たくない並びだわ」「これは嫌われ者同士お似合いだな」といった非難が殺到してしまった。

 宮迫は、闇営業の参加問題を受けて芸能活動を謹慎しており、復帰を待たずして独断でYouTube活動を始めたと言われている。現在の宮迫の立場は、吉本からは契約解除をされた状態である。一時期報じられた「契約解除の撤回」は行われていない。立場としてはフリーである。そのため、宮迫のYouTube活動を吉本興業的には快く受け止めておらず、宮迫のYouTubeチャンネルには吉本の芸人仲間が出演することはなかった。相方の蛍原徹は出演したテレビ番組で、宮迫のYouTube動画への出演を否定し、後輩のナインティナイン岡村隆史も、ラジオ番組で「いろいろ言うと怒られる」と口を濁している。そのため、芸人仲間の出演がなかったが、吉本興業の後輩芸人である中田の登場で風向きは変わるかと言えば、そうではなさそうだ。

 中田はコンビ活動は開店休業状態であり、今や活動の軸をテレビからネットに移している。「中田敦彦のYouTube大学」として、歴史や政治経済を解説する芸人らしからぬ活躍を見せている。そのため、吉本からの独立説も常にささやかれる芸人の一人だ。

 今回は、中田の動画チャンネルにも宮迫が出演し、YouTube運営の方法についてアドバイスしていた。さらに「吉本騒動に迫る」と題して、内部事情も話しており、こちらもバラエティ番組などで見られる「今だから話せるあの話」ではなく、「現在進行系の暴露話」であり笑えない吉本興業ひんしゅくを買うのは必至であろう。宮迫のYouTuber活動はさらに迷走が高まりそうだ。

雨上がり決死隊・宮迫博之