possam_e


 野生動物の宝庫、オーストラリア。自宅に蛇や巨大グモ、コアラまで侵入してしまい、その撤去(もしくは保護)に大わらわ…なんていう事案がわりと普通に起こっているようだ。

 今回、Twitterシェアされた1件は、ポッサム(フクロギツネ)だ。

 ある女性が、オフィスにやって来るとポッサムがPCの後ろでちょこんと座り込んでいたという。一体、何があったのか!?

―あわせて読みたい―

なんか家にコアラがいた。ポールダンス用のポール登り始めた。
ポッサムがあまりにもドヤってたので、コラ職人がんばる
オンリーオーストラリアって言うしかないだろ!ホームセンターの苗木売り場でフクロギツネが無銭飲食三昧っていう。
犬に見つかっちまったポッサム。咄嗟に取った威嚇のポーズがアグレッシブ・ポールダンサー(オーストラリア)
モップのような毛を持つプーリー犬の背に必死にしがみついていたのは、ポッサムの赤ちゃんだった!(オーストラリア)

オフィスのデスクで座り込むポッサム発見

 TwitterユーザーのBreeさんは、このような投稿をシェアした。

オフィスに入ったら室内が荒れていたから、てっきり強盗にでも入られたのかと思ったら、私のPCの後ろにこのキュートなポッサムが

 よく見ると、ポッサムはボーっと放心しているかのように見える。

 Breeさんのツイートによると、どうやらこのポッサムは天井からオフィスに落ちてしまったようで、その時、きっとパニックになって脱出しようともがいて室内を荒らしたのだろう。ひとしきり暴れた後なので力尽きてしまったのかもしれない。


 しかし、オフィスに野生動物が姿を現しても驚かないのがオーストラリア人だ。Breeさんは、疲れ果てた様子で座り込むポッサムに水を与えてやり、野生動物保護団体へと連絡し、救助を待つことにした。

キュートなポッサムにTwitterユーザーら湧く

 ポッサム用の小さな箱と新鮮な果物を持って救助にやってきた3人の団体スタッフは、箱の中に果物を置いてポッサムをおびき寄せようと試みた。

 しかし、ポッサムはオフィスの方が居心地いいと思ったのか、保護は意外に手こずってしまったようだ。

 オーストラリアならでは?ともいえる案件に、Twitterユーザーらは湧き、多くのポッサム・ミームシェア

動かなかったら、きっと気付かれないゾ。

仕事やる気ないけど、あともう1時間会社にいなきゃならない場合ってちょうどこんな感じ。


ネットワークの問題を修理しに来た新しい技術サポートスタッフでないことは確か?

 果たして、ポッサムが天井から落ちてから、どのぐらい長い時間オフィスにいたのかはわからないが、ちゃっかりと“置き土産”を忘れていなかった。

Breaさんが親切な人で嬉しいわ。でも、小さなフンにちょっと笑っちゃった!

あれまぁ…

トイレットペーパーが切れちゃったのなら、ママに電話してもってきてもらわなきゃね。

 ちなみに、ポッサムオーストラリアでは「common brushtail possum」と呼ばれており、市街地から森まで幅広く生息しているという。

References: written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52287000.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

猫は頭さえ入ればどこでも通れる?フェイクorリアル?あのプーシクくんが実験してみた結果
ペットは絶対飼わん!と断言した父親・男性たちのビフォア・アフター
地震で行方不明になっていた飼い猫と4年ぶりに再会(イタリア)
鳥は地球温暖化に適応するために体の大きさを変化させている(オーストラリア研究)
「今犬を叩いたらどうなるだろう?」猫は考えに考えた。でやっちまったら大どんでん返し

―画像の紹介記事―

ペットは絶対飼わん!と断言した父親・男性たちのビフォア・アフター
地震で行方不明になっていた飼い猫と4年ぶりに再会(イタリア)
小さなフクロウと大きな犬の最強コンビ、出会ってすぐに大親友に(ドイツ)
新型コロナウイルス、パンデミックの最前線で戦っている英雄たち、世界各国の医療従事者たちの写真
「みんな元気をだして!」2足立ちで万歳ポーズ!愛と喜びをみんなに広めることを使命とするセラピー犬(アメリカ)
オフィスの天井から落ちてきたのは野生のポッサム!PCの後ろに座り込んでいた(オーストラリア)