タレントデーブスペクター3月25日、自身のツイッターを更新。「一応、日本語出来るので。TOKYO2020に、小さくsをを付けたら、10年間有効になります。」と発言し、話題になっている。

 24日夜に安倍晋三首相と国際オリンピック委員会IOC)のバッハ会長が電話会談し、7月24日に開幕する予定だった東京五輪は「1年程度の延期」が合意され、同席した小池百合子東京都知事は、「名称は東京2020でいくというお話しでした」と明かしている。

「“東京2020”の名称がそのままであるという報道には『2021年なのにおかしい』といった異論も一部から出ていました。デーブさんのツイートはそれを踏まえての絶妙なジョーク。9時間で約13万の“いいね”がつく話題になっています。リプライには《TOKYO2020に、そっと?を付けたら、あやふやになりますかね》《TOKYO2020に、~を付けたら永久有効になります。》《“2020~”なら無期限(笑)》《TOKYO2020+ならカッコいいかと!》《2020Zなら最終手段っぽい》など、大喜利状態になっていますね」(エンタメライター

 本当に大切なのは名称よりも中身。多くのアスリートや観客が納得できる形で、東京五輪が開催されることを期待したい。

アサジョ