アーセナルのミケル・アルテタ監督が新型コロナウイルス感染の当時を回想した。イギリススカイスポーツ』が報じている。

アルテタ監督は12日、検査で陽性反応が検出され、プレミアリーグ初の感染者に。その後、チェルシーに所属するイングランド代表FWカラム・オドイ=ハドソンの感染確認を受けたイングランドフットボール界は中断に踏み切った。

それから数週間の隔離措置下での治療を経て、完治したというアーセナル指揮官クラブ公式サイトインタビューで、その感染当時をこう振り返り、身体の異変、そして、迅速な対応を語った。

クラブからオリンピアコスのオーナーウイルス感染の可能性があることを伝え聞いたとき、私自身にもいくつかの症状が出始めていたのは事実だ。はっきりとわからないが、何かしらの異変があった。次の日、マンチェスター・シティとの試合だったから、決断して、すぐに医者に電話を入れ、帰れるよう頼ませてもらったんだ」

「『聞いてくれ。接触した選手も数多くいて、大きなリスクだ。症状を感じている最初の人間である私が感染しているのなら、その私と毎日のようにコンタクトを取り合うクラブの選手や関係者がいる。即座に判断できないが、プレミアリーグマンチェスター・シティと話をして、かなり迅速に決断しなければならない』とね」

アルテタ監督こそ大事に至らず、回復したものの、世界的にまだまだ終息を見通せずの情勢にある新型コロナウイルスの感染拡大。流行病の恐怖を体感したアルテタ監督は、注意喚起を呼びかけている。

「みなさんにお願いだ。我々は(新型コロナウイルスに対する理解が)他の国よりも少し遅れている。例を挙げるならスペイン、今の彼らは状況を認識している。我々もリスクを最小限に抑えるべく、責任をもって、できるだけ自宅に待機して。我々の立場からできるのはそれぐらいだ。他の人々を助ける力はないのだから、少なくとも家にいて、必要最低限のことをしてほしい」

サムネイル画像