昨年の8月6日、広島原爆の日。私は広島市内で河井案里参院議員(46歳。広島選挙区選出、当選1回)と向き合った。リーガロイヤルホテル広島の6階に入る日本料理店で2時間にわたり、半月ほど前に投開票が行われた参院選自民党現職を破るまでの経緯や、夫である河井克行衆院議員との夫婦関係について話を聞いたのだ。

 そのインタビューから構成した拙稿は、週刊文春8月29日号(「『代議士の妻』が国会議員になる時」)に掲載された。

「新人議員なのにお金があるな」と思った

 案里氏とは、その時が初対面。平和記念公園で朝から行われた祈念式典に克行氏と列席し、その足で私が待つ部屋に一人でやってきた。窓からは、市街地を取り囲むなだらかな山々が見えたことをよく覚えている。

 私は、なぜかその日食べた懐石料理の御品書きも手元に残している。私のようなフリーライターにとって、高級料理にありつける機会は少ない。その御代は週刊文春が払った。

 私が政治家を取材する場合、取材対象者の事務所で会うことが多い。食事をしながらであっても、高い店を使うことはない。 だが、案里氏は秘書を介して、その料理店を指定してきた。「新人議員なのにお金があるな」と思った。事前に携帯電話でやりとりした秘書の名は、立道浩氏。3月24日、広島地検に公選法違反(運動員買収)の罪で起訴された案里氏の公設第二秘書である。

悪名高い人物ほどこの目で見てみたい

 私は案里氏に会う前、広島市内で複数の政界関係者に取材したが、みな彼女の悪評を語った。「嘘つきだから気をつけろ」という話から「男が密室でサシで会うのはよした方がよい」と忠告する人までいた。

 私は職業柄、悪名高い人物ほどこの目で見てみたいと思ってしまう。「なぜ疎んじられるのか」と気になってしまう。読者の中にも、今、毎日のようにテレビニュースで「疑惑の政治家」として映像が流され、秘書が起訴されても雲隠れを続ける女性がどんな人間なのか――を知りたい人もいるだろう。

「(岸田文雄氏や宮澤洋一氏ら広島県選出の世襲政治家たちとは違い)うちの場合は主人の苗字が『ブランド』じゃない。夫に対する彼らからの反発をどうやって乗り越えるかが県議時代からの私の政治的な課題でもありました」

 案里氏は、当時このようなことを語っていた。

「河井案里」とは何者か。

 半年前に行った単独取材のメモ(一部)をみなさんとシェアしたい。

◆ ◆ ◆

「河井案里はじゃじゃ馬だし、しょうがない」

常井 今回、参院選に出て自民党重鎮の溝手顕正さんを破って初当選して、夫婦で国会議員となった。夫が国会議員ということは、選挙上はよく働いたのか、それとも反発があったのか。

河井 あんまり関係なかったです。一つには、参院選の場合は主人の衆院広島3区より大きな選挙区ということがあるんでしょうね。それから、私はすでに4期も県会議員をやらせてもらった。2期目に途中で一度辞めて県知事選挙に出た時は、「夫婦に権力が集中する」みたいに言われたんですよ。だけど、今回は「まあ、河井案里はじゃじゃ馬だし、しょうがないんじゃない?」みたいな(笑)

セクハラ」は自立してない女の言うこと

常井 陰では「河井案里って、いろんな意味ですごいやつだ」みたいに言われている。

河井 私は29歳で県会議員になった時から思っていたのが、先輩も自分も序列を作るというのは有権者に申し訳ないと思ったわけです。私に1票投じた人の価値を下げちゃいけないと思っていて、対等でなくちゃいけない。常に「自分が知事だったらこの時どう考えるか」と心掛けて仕事をしていたので、言いたいことを言うわけですよ。だから、「ほんとに生意気だ」って思われてたと思うよ。

常井 地元の衆院広島3区で、かつて克行さんと議席を争った塩村文夏さん(現参院議員、東京選挙区選出)って、まさに、自民党男性議員の古い体質との対立構図を東京都議時代に作られた方じゃないですか。議場で「子ども産めないのか」「早く結婚しろ」と言われても戦った。案里さんも、それと似た思いを持ってきたんですか?

河井 私は彼女のやり方というのはちょっと古いと思っていてね。それ(「セクハラ」)ってやっぱり自立してない女の言うことだと思っているんです。男性議員の恐ろしさっていうのは、そういう恐ろしさじゃないんですよ。

常井 どういう恐ろしさなんですか?

子どものつくり方を教えてやろうか」をユーモアだと思っている

河井 それは、今回の(参議院)選挙でもそうだけど、男の人というのは束になってかかって、つぶしにかかってくるんです。その恐ろしさを味わう女性議員というのはそこまでいない。

常井 「束になって」って、具体的に何をされるんですか?

河井 本当に政治的な、社会的生命をつぶすというぐらいの感じで。

常井 怪文書をバラ撒くとかそういう?

河井 いやいや、とにかくもう、ギリギリつぶしにかかるんですよ。今回の選挙でも、票を1票も回さないとかあったけどね。自民党県連から1票も。

常井 嫌な世界ですね、それは。

河井 でも、それはやっぱり男の人の権力闘争のやり方なんですね。だから、セクハラとか甘い甘い。まだ、かわいいもんですよ。「5歳児がなんか言ってるね、ハイハイ」ぐらいの感じで、「わかった、わかった、うん、そうね」ってニコニコしていればいい話で、そんなムキになって戦うような話じゃない。

常井 最近では、「票ハラ」(※女性候補者に対する投票をめぐる有権者からのいやがらせ)という言葉もありますけど。

河井 もう日常茶飯事だから、流しておけばいい。もっと恐ろしいことがいっぱいあるんですよ。

常井 案里さんはそれに耐えた?

河井 バカバカしいと思うよ。別に相手もそんなに悪意があって言ってるわけじゃないんですよ。それが、ユーモアだと思って言ってる。「子どものつくり方を俺が教えてやろうか」とかいろいろ言われるわけだけど、「アハッ」とかいって、「でも、私より主人に教えてやって」とかって(笑)。「それ、ユーモアじゃないんだけどな」と思いながら、「ハイハイ」って。

政治は権力だから、何があってもしょうがないですよ

常井 ユーモアって流していいんですか?

河井 そういう感じですよ。そんなの、いちいち相手にできないですよ。

常井 なるほど。そこらへんのことは、克行さんからのアドバイスをうけないんですか?

河井 たぶん男、女って関係ないと思うんです。本当にこれは政治闘争なので、男性政治家は日常的に味わっているようなことだろうし。

常井 克行さんも広島県連の中で厳しい立場にずっと?

河井 そうね。だって、派閥が違うもん(※自民党広島県連の主流派は、岸田文雄衆院議員を始めとする宏池会に属している)。で、私も違うしね。

常井 克行さんは平成研平成研究会のこと。通称「竹下派」)だったんですよね。案里さんは?

河井 私は二階派に入ります。やっぱり政治は権力だから、何があってもしょうがないですよ。そんなことでグダグダ言ってちゃいけないわけで。文句があったらそれを奪い返すぐらいのことをしないといけない。

常井 当選後、派閥のボスである二階俊博さんからは何かアドバイスされましたか?

河井 (参院議員の任期は6年だが、)「3年おきに自分の選挙があるつもりでやれ」と先輩から言われているんです。という話を昨日、二階幹事長にしたら、「3年じゃダメ。2年おきだ」って。

常井 なるほど。でも、どうして二階派なんですか?

河井 やっぱりすごい政治家の元で勉強がしたいんですよね。

常井 ふーん。二階さんは、衆院選でも自民党の現職と新人を同じ選挙区で競わせて勝った方が総支部長になれるという、かつての中選挙区制の発想を持っている。

河井 そもそもは、広島県で2人立てるということ自体があり得ない話だったんですよね。私の公認決定から、とにかく最初の段階から道筋を付けていただいているので。やっぱり幹事長は戦う方じゃないですか。二階先生という方は政治家としてすごい方ですよ。

政治は厳しい仕事ですよ。愚痴を言うべきじゃない

常井 でも、案里さんが当選して2週間ぐらい経ちますが、どうですか? さっき、「束になってかかってきた男たち」と言った、自民党広島県連や宏池会に所属する政治家の目線は。

河井 どうだろう……。まあ、自民党はオトナの政党ですからね。

常井 「オトナの政党」。なんか含意がある。

河井 (笑)。それは、それは、政治は厳しい仕事ですよ。愚痴を言うべきじゃないと私は思っている。今回の選挙でも、本人のいないところで、結構やられたんだけど、その人の悪口を言ったりするのはすごく嫌なのね。私は面と向かって言うタイプなんです。

常井 なるほど。選挙戦の中で、例えば演説で「河井克行」という夫の名前を出した時ってあったんですか?

河井 ありません。

常井 これは県議時代や広島県知事選に出た時にも?

河井 ないです。

常井 どうしてですか?

河井 だって、違う人間だし。むしろ、それをどうやって乗り越えていくかということのほうが、おそらく私のような立場だから。

たまたまいないので、私が出たという感じです

常井 やっぱり、今回の話(※参院選自民党の「2人目」として出馬すること)は克行さんが持ってきた話というふうに受け取って良い?

河井 いいえ。違いますね。

常井 へえ、違いますか。

河井 主人も、もちろんいろんな方に相談はしたとは思うんですけど、主人にそんな決定権があるわけじゃないから。広島に2人立てて競わせて自民党の底上げをしたい、底辺をもっと広くしたいというお気持ちが、党本部、官邸にはずっとあって、そこにちょうど私がはまったという感じですよね。

常井 家の中で克行さんが「案里、やれ」みたいな感じとは違ったんですか。

河井 ないですね。とにかく「2人目」は誰でもよかったんです。私じゃなくても良かったんだと思うんですけど、党本部も官邸も。たまたまいないので、私が出たという感じです。

常井 声がかかったのは、(参院選がある前の2018)年末ですか? (2019年の)年明けですか?

河井 公認もらったのが3月13日だから、年明け。それも、「広島に2人立てる」という話は年明けぐらいからバーッと広まって、私か、もう一人の方か、ということになって、ペンディングでずっと来ていたんです。私も、(現職の広島県議として)統一地方選挙があるから、「このままだったら私、統一選に出ることになります」という話をして、「それはいけないね」ということになって、3月13日になった。その後、まだ統一選の後半戦が終わってからだから、活動期間は本当に90日ぐらいですね。

常井 なるほど。でも、今回の案里さんの陣営には有名な選挙参謀が入って、「最強の布陣だなあ」と思いながら見ていましたよ。

「私のことを一番よく知ってる三浦さんがいい」

河井 ヘッヘッヘ、よくご存じで(笑)。三浦博史さん(選挙プランナー)は、10年前の県知事選の時に湯崎さん(※湯崎英彦・現知事。2009年の県知事選では当時36歳の案里氏と争った)の陣営をやったんですよ。

常井 へえ!

河井 私がその後、(広島選出の亀井静香氏が率いていた)国民新党からその直後の参院選に出ないかという話があって。で、それは最終的にお断りしたんだけど、「選挙プランナーもちゃんと付けるから」と言われて、「じゃあ、私のことを一番よく知ってる三浦さんがいい」という話をして。

常井 広島県知事選で三浦さんの率いる陣営と戦ったことがあるから、ということですね。

河井 そう。で、今回(の参院選)はお受けいただけて。

常井 「三浦さん効果」もあって、広島の自民党を全部敵に回しても勝てた部分もある。

#2】を読む

「政治家はバッジを付けなきゃ」ウグイス嬢に違法報酬の河井案里が当選するまで へ続く

(常井 健一)

筆者によるインタビューが行われた数日前の河井案里氏 ©AFLO