前夜の残業やゲームで朝寝坊……。出勤時間は迫っているし、朝食をとる暇なんてない! こんな経験、誰にでもあるでしょう。

寝坊
※画像はイメージです(以下、同じ)
 その日1日の仕事のパフォーマンスを考えると、何か食べたほうがいいのでしょうか。それとも、無理をしてまで食べなくてもいいのでしょうか?

『不摂生でも病気にならない人の習慣』の著者であり、長年、自律神経の研究に取り組む順天堂大学医学部教授・小林弘幸医師に解説してもらいます(以下、小林氏の寄稿)。

A. 寝坊しても朝食は欠かすべきではない

 朝食を抜くと、自律神経のバランスが乱れてしまい、その状態を引きずったまま1日を過ごすことになります。あとあとのことを考えれば、何とか朝食をとりたいものです。

 理想を言えば、バランスの良い食事をゆっくり時間をかけてとりたい。もし1日1食しかとれないなら、朝食にすべきだと言い切れるほど、朝食は自律神経にとって重要な行為です。とはいえ、なかなか生活習慣を朝型にできない事情もあるでしょう。

 私も忙しいときはコップ1杯の水を飲んだ後、トーストバナナヨーグルトの3点セットが定番となっています。水を飲むことで寝ている間にオフモードになっていた胃腸が適度に刺激され、自律神経がスムーズにオンモードに切り替わります。起き抜け1杯の水は、どんなに慌ただしくても必ず毎日、飲みましょう。

バナナ1本でもいいから食べよう

皮を剥いたバナナ

 それでも寝坊してしまった。とにかく時間がない。困りました。そんなときは出勤前にコンビニに立ち寄り、バナナ1本だけでもかじってみてください。

 バナナなら、コンビニで簡単に手に入りますし、歩きながらでも手軽にさっと食べられるのがいい。カロリーも十分(1本あたり約86キロカロリー)、食物繊維100グラムあたり1.1グラム)も多く、ビタミンB群も豊富です(消化液の分泌を促すビタミンB1や、エネルギーの代謝を促すナイアシンなどが含まれています)。マラソンランナーやサッカー選手が、競技前にバナナを食べることが多いのも、こうした理由からです。

 もう少し時間があるなら、ヨーグルトカップみそ汁を口にしましょう。イートインスペースで食べてしまえば、ほんの数分で済むはずです。

 朝食を抜くと自律神経が乱れると言いましたが、一度乱れた自律神経をリカバリーするのは容易なことではありません。結果、その日は乱れたまま終わってしまうこともあります。

 私は20年近く自律神経の研究に打ち込んできましたが、自律神経の働きが、あらゆるパフォーマンスの向上や健康において、きわめて重要なキーになっていることが明らかになってきました。

「何をやってもうまくいかない」の正体は…

「今日は何をやってもうまくいかないな……」

 こんな日ってありますよね? 静かに振り返ってみてください。この日、朝食を食べましたか? もしかして抜いていませんか? 実は、朝食を抜いたことが原因になっていることが多いのです。

 仕事の効率だけでは済みません。イライラが高じて周囲との人間関係もギクシャクし、何もかもうまくいかなくなります。逆に言うと、自律神経のバランスを整えることさえできれば、万事OK、というわけです。

 たったバナナ1本でもそれができるなら、ほんの少しだけ踏み出す価値は十分にありますよね。

アスリートも実践「最高の食事術」

アスリート

 ここで誰でも簡単にできる「最高の食事術」の結論をお教えしましょう。朝、昼、夕、1日3回、規則正しくバランスの良い食事をおいしく楽しんで食べる。これだけです。

えっ? これだけ!?」と驚かれるかもしれませんが、いいんです。むしろ、細かくカロリー計算したり、「あれもだめ」「これもだめ」と極端に食事を制限したり、細かくやり過ぎると、かえってストレスを溜め込んで心身に悪い影響を与えると考えています。

 私は多くのアスリートや団体に、パフォーマンス向上の指導を行っていますが、最初に勧めるのは、この「最高の食事術」なのです。食生活が整うと、メンタルも安定し、パフォーマンスが発揮しやすくなるのです。

 体型もそうです。それほど食べていないはずなのにメタボになっている人の多くは、やはり朝食を抜いている人が多いのです。

朝食の「大きな2つの効果」

ビジネスマン

 朝食には大きく2つの効果が確認されています。

1.副交感神経の働きがアップする
2.血流が良くなる


 実は朝目覚めると、自然と交感神経が上がっていきます。夜、寝ている間は副交感神経が優位に働いているのですが、昼間は自然と下がっていきます。

 ところが朝食をとると、寝ている間に休んでいた腸が目覚め、動き出します。これを「蠕動(ぜんどう)運動」というのですが、この動きは副交感神経に直結するので、下がりがちな副交感神経の働きが、これによってスムーズに上がっていくのです。

 腸が動くと、今度は、肝臓に多くの血液が流れ、続いて心臓に流れ……と腸を刺激したことで、血液が体内をどんどん循環するんですね。つまり血流が良くなる、ということです。もちろん、頭への血流も良くなります。朝ボーッとしがちだった人は、朝食をちょっと見直すだけで、頭がスッキリするかもしれませんね。

TEXT/小林弘幸>

【小林弘幸】

順天堂大学医学部教授。スポーツ庁参与。1960年埼玉県生まれ。日本初の便秘外来を開設した”腸のスペシャリスト”。著書に『不摂生でも病気にならない人の習慣』(小学館新書)など

※画像はイメージです(以下、同じ)