アイドルグループ・V6の井ノ原快彦がこのほど、主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『特捜9 season3』(4月8日スタート、毎週水曜 21:00~)の取材に都内で応じた。

リーダーの浅輪直樹(井ノ原)を中心に、小宮山志保(羽田美智子)、村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正) 、新藤亮(山田裕貴)といった個性豊かな特捜班メンバーが、衝突しながらも事件解決に向けて奔走する同ドラマ。前シーズン最終話で、班長・宗方朔太郎(寺尾聰)が特捜班を去ったが、今シーズンからは、俳優・中村梅雀演じる警視庁総務部広報課に所属する謎の男国木田誠二が新たに登場する。

井ノ原は、中村について「本当に温かい人」と言い、「梅雀さんと津田さんがこの間映画で共演していたんですよ。それを、1人で観に行ったとお伝えしたら『もう、いいのに。もう忙しいんだから、いいんだよ~』ってすごい喜んでくれて」と振り返る。

ベーシストとしても知られる中村とは音楽の話でも盛り上がったようで、井ノ原は「『ベース何本持っているんですか?』とか、そんな話をしています」と報告し、その腕前を「めっちゃうまいですよ。俳優の中で一番うまいんじゃないかな?」と絶賛。

また、撮影時のエピソードとして、「Hey! Say! JUMPの山田(涼介)くんが(現場に)あいさつしに来てくれた」と井ノ原。「僕の後輩なんですけど、みんな知っている人が来たことで、結構良い感じの空気になって、山田くんには感謝しています」と語った。

さらに、井ノ原は「寺尾さんが『俺だってレギュラードラマはうれしいんだよ? だけど、俺がいないほうがざっくり変われるんじゃないかなと思ってさ』と言ってくれたということがあって」とも。「それはもう、寺尾さんの心意気を無駄にしてはいけないと思いますし、また、新たに梅雀さんが来ていただいたことで大きな変化を遂げられる年になると思います」と、新シーズンへの自信をのぞかせていた。

画像提供:マイナビニュース