「週刊文春」が報じた「森友自殺〈財務省〉職員遺書全文公開 」(取材・執筆/相澤冬樹)が反響を呼ぶ中、安倍晋三首相の妻・昭恵氏が、3月下旬に都内で花見をしていたと「NEWSポストセブン」(3/26付)が報じた。新型コロナウイルス対策で東京都による野外の宴会自粛要請が出ている中での“花見疑惑”に、疑問の声が上がっている。

 昭恵氏の行動が問題視されたのは、今に始まったことではない。森本問題で財務省職員・赤木俊夫さんの自殺が報じられた2018年3月9日、昭恵氏は芸能人が集まるパーティーに参加していたのだ。詳細を報じた「週刊文春2018年3月29日号掲載の記事を全文公開する。肩書き、日付、年齢などは当時のまま。

◆ ◆ ◆

「信無くば立たず」。安倍晋三首相に小泉純一郎元首相は、政治の要諦をこう説いたという。ねじ曲げられた行政の数々が明るみに出て、安倍政権は信頼を失いつつある。最高権力者として、あるいはその妻として、なぜ彼らは自らを律することができなかったのか。

◆ ◆ ◆

 3月9日夜7時、世界中のセレブが集まるダイニングバー「bills銀座」。この日、宝石箱をイメージしたというラグジュアリーな空間で、大手PR会社副社長の誕生日パーティが盛大に開かれていた。会場に姿を見せたのは、真矢ミキ神田うの中田英寿、別所哲也ら大勢の有名人。そうした中、一人の女性に視線が注がれていたという。

 安倍昭恵夫人である。

「昭恵さんが来ることは知らされていましたが、こういう日だからまさか来られるとは思わなかった。でも、落ち込んでいる様子もなく、知り合いの人たちとにこやかに挨拶していました」

 参加者の一人がそう思うのも無理はない。実は、この日の昼頃、世間を震撼させるニュースが報じられていたからだ。

「森友学園との国有地売買交渉に携わっていた近畿財務局職員のAさんの自殺です。Aさんは森友問題への対応で精神的に追い込まれ、遺書を残して7日に自ら死を選びました」(社会部記者)

 夕方には、佐川宣寿国税庁長官(当時)が辞意を表明。それを受け、夜7時40分頃から、麻生太郎財務相は緊急会見を開いている。

「ちょうど昭恵氏がパーティを楽しんでいる時間帯です」(前出・参加者)

 その時の様子を、神田うのが昭恵氏とのツーショット写真とともに自身のインスタグラムに投稿。〈いつもキュートで素敵な昭恵夫人〉と紹介されていた。

「うのはSNSに知人の写真を出す際、必ず許可を取ります。今回もそうだった。昭恵氏は“別に問題ない”という考えだったのでしょう。結局、コメント欄に昭恵氏への批判が殺到し、その写真はすぐに削除しました」(事務所関係者)

「態度を改めたほうがいい」と批判の声

 昭恵氏が“セレブライフ”を謳歌する間に、内閣支持率は急落していく。時事通信世論調査(9日から12日)では、支持率は前月比9.4ポイント減という39.3%。不支持率(40.4%)を下回った。

「10%は下がると思っていたけどね。事実を説明していくしかないよ」

 この数字を聞いた安倍首相はそう強がっていたという。首相周辺が解説する。

「支持率が20%台に落ち込めば、外交交渉にも影響する“危険水域”だというのが、首相の持論。この程度なら、まだ大丈夫という自信の表れでしょう。週末は『筋肉を鍛えないと前頭葉が衰えてしまうから』と、ホテルのスパでトレーニングを重ねていました」

 ところが、その翌週に行われた日本テレビ世論調査で、内閣支持率は“危険水域”目前の30.3%にまで沈み込んでしまう。

「昨年の都議選後も20%台に突入しましたが、『姿勢さえ改めればいいんでしょ』と開き直っていた。この時は希望の党小池百合子氏の“排除”発言で形勢が逆転し、衆院選に大勝しました。首相は強気を貫く理由を『一次政権の時は落ち込みすぎて失敗したから』と言いますが、今回の局面を同じように乗り切れるのか……」(同前)

 平静を装う首相に対し、財務省トップとして連日国会で追及され、苛立ちを隠せないのが、麻生氏だ。野党のヤジには「やかましいなぁ」とドスの効いた声で逆ギレ。与党内からも「態度を改めたほうがいい」と批判が上がっている。

「一時は佐川氏との“心中”に傾きましたが、『俺が辞めると内閣がガタガタになる』と踏みとどまりました。ただ、麻生氏が入れ込む仮想通貨問題が主要テーマだったG20も参加を見送ることになった。今の状況に不満を抱いているのは確かです」(麻生氏周辺)

安倍夫妻のとばっちり

 そもそも今回の森友問題は麻生氏からすれば、“安倍夫妻のとばっちり”に近い。麻生氏は以前からこう洩らしていたという。

「だいたい昭恵さんから始まったことだろ」

 実際、財務省の調査で明らかになったのは、昭恵氏が早い段階から、財務局と森友学園の交渉に関与していたという事実だった。

「改ざん前の決裁文書には、14年4月28日に、籠池泰典理事長(当時)が〈総理夫人から「いい土地ですから、前に進めてください」と言われました〉と話していたことが記されています。財務局との交渉はここから進展していくのです。6月2日、財務局は学園に『売り払いを前提とした貸付けについては協力させていただく』と回答しました。売却を前提にした貸付契約は極めて異例の提案です」(政治部デスク

 昭恵氏は15年9月、開設予定だった小学校の名誉校長に就任。その直後、昭恵氏の指示で、夫人付職員の谷査恵子氏は財務省に問い合わせを行った。11月に、籠池氏が谷氏から受け取ったFAXには、財務省が〈28年度での予算措置を行う方向で調整中〉と記されていたのだった。

「このFAXの存在は、昨年3月23日の籠池氏の証人喚問で明らかになりました。慌てた菅義偉官房長官はこの日の会見で『要望を受けたのは谷さん』と強調し、責任を押し付けています。首相はそれまで水面下では『自分からは焦点が外れて、あっち(昭恵氏)が祭りだな。(籠池氏の)奥さんにはずいぶんメールしていたみたいだ』とタカをくくっていましたが、この頃から、事態の深刻さを認識し始めたようでした」(同前)

「昭恵には怖くて聞けないんだよ」

 ただ、森友・加計問題で政権が危機に瀕しても、昭恵夫人に関することは、首相側近といえども立ち入ることはできなかった。

「昭恵夫人に関する疑惑は、側近が直接事情を聞くのではなく、首相を通じて聞く形がほとんど」(同前)

 だが、ある案件について、昭恵夫人に確認を求めたが、返事はない。首相の答えはこうだった。

「昭恵には怖くて聞けないんだよ」

 前出の首相周辺が明かす。

「森友問題の核心はここなのです。実は首相が最も恐れているのは、昭恵氏が思った以上に籠池夫妻に深入りしていること。国会で『私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める』と言い切ってしまった手前、パンドラの箱は開けたくないというのが率直な心情でしょう」

 同じ頃、昭恵氏も行きつけのバーの常連客から「首相夫人という立場では本当は言えないことがあるのでは」と問われていた。昭恵氏はこう答えたという。

「うん、ある」

 交渉に関与しながら、その経緯を明らかに出来ずにいる昭恵氏。なぜ首相は自らの妻にストップをかけることができなかったのか。

「首相には浮いた噂はほとんどありません。若い頃から銀座のクラブに行っても、女の子にベタベタすることはなかった。ある意味“昭恵夫人一筋”なのです」

 そう語るのは、自民党幹部だ。

「首相は07年、政権を投げ出し、バッシングに晒されました。持病の潰瘍性大腸炎も悪化し、オムツも欠かせない生活を送る中、下の世話に至るまで、献身的に夫を支え続けていたのが昭恵氏です。一方で、今まで通りの明るさは変わらなかった。首相も『あの無邪気さに救われた』と振り返っていました」(同前)

 特効薬が見つかり、政治活動を本格的に再開するようになった頃、昭恵氏はこう言い出すようになった。

「今まで安倍晋三の妻として生きてきたけど、もう少し違う生き方もある。やりたいことをやりたい」

昭恵氏の“お友達”の中から5人の逮捕者

 ところが、昭恵氏は自身が権力を持っていることにどこまでも無自覚だ。

「その隙を狙って、彼女に近づこうとする人物は後を絶ちません。昭恵氏も人脈を広げていくのが大好き。結果、“お友達”の中から1年間で5人の逮捕者を出しました」(同前)

 籠池氏と妻・諄子氏は昨年7月に大阪地検特捜部に逮捕され、今なお大阪拘置所に勾留中。“大麻人脈”からも2人の逮捕者が出た。

「昭恵氏は熱心な“大麻解禁”論者。『日本を取り戻すことは、大麻を取り戻すこと』と公言しています」(昭恵氏の知人)

 16年10月に大麻所持容疑で逮捕されたのが、元女優の高樹沙耶だ。当時、昭恵氏は小誌に「高樹さんのやっていたことは素晴らしい。これからも大麻を広げたい」と答えている。

「同じ10月には、鳥取県智頭町の大麻加工販売会社社長が大麻所持容疑で逮捕されました。産業用大麻の栽培許可を得ていた社長は、自宅で乾燥大麻を所持していたのです。昭恵氏は15年7月、社長の大麻畑を視察し、彼が取り組んでいた“大麻で町おこし”への支援を表明していました」(県警関係者)

 さらに17年6月、児童買春の疑いで男性ボーカルグループメンバー・Kが逮捕されているが、

「昭恵氏は震災のチャリティーコンサートでKのことを知り、そのイケメンぶりとバリトンの美声にハマったそうです。昭恵氏はコンサートにも熱心に足を運び、フェイスブックに14年1月のイベントでKと登壇する写真をアップしていました」(前出・知人)

 昭恵氏に付きまとう“怪しい人脈”。だが、周囲の懸念をよそに、当の本人は繰り返しこう語ってきた。

「私には首相夫人という立場がある。何かやろうとする時は利用していいよ、と伝えています」

 その昭恵氏の立場を利用しようとしたのが籠池氏であり、昭恵氏もそれに無邪気に応えてきたのだ。

「昭恵氏が関与していたという事実は、首相の『私と妻は関係がない』という答弁と矛盾してしまう。そこで行われたのが、決裁文書の改ざんでした。太田充理財局長も国会で『(首相の)答弁は気にしていた』と認めている。しかし、改ざんを強要された現場の職員には大きな負担がかかっていました。その最大の犠牲者こそ、自殺したAさんです」(近畿財務局関係者)

 Aさんの父親は「仲の良い夫婦だっただけに、(妻の)B子さんが一番辛いだろう」と胸中を明かす。

 手書きの遺書を残して亡くなったAさん。そこには家族への思いが綴られていたという。しかし、Aさんが残したメッセージはそれだけではなかった。

ワードファイルで記されたメモのようなものがA4用紙5、6枚残されていました」(官邸関係者)

メモに記されていた〈首謀者は佐川局長だと思う〉

 そのメモには何が記されていたのか。

「〈決裁文書の調書の部分が詳しすぎると言われ、書き換えさせられた〉〈勝手にやったのではなく、本省からの指示があった〉〈今のままでは、自分一人の責任にされてしまう〉〈道具として使われた〉といったことが記されていたようです。Aさんの遺族は、近畿財務局で勤務経験のある弁護士をつけています」(前出・近財関係者)

 さらに、以下のようなことも記されていたという。

〈首謀者は佐川局長だと思う〉――。

 改ざんが行われたのは昨年2月下旬から4月にかけて。佐川氏は当時、国有財産を所管する理財局長だった。太田氏も「佐川氏は知っていたと思う」と答弁し、“佐川首謀者説”を半ば肯定したのだった。

 だが、財務省関係者はこの見方に疑問を呈する。

「理財局を越えて財務省ぐるみで改ざんに動いた形跡はない。一方で、上昇志向の強い佐川氏が、“上”の意向なしに、そんなリスクをとるとは思えない」

 そして、こう続ける。

「佐川氏と経産省の関係の深さは、知る人ぞ知る話なのですが……」

 安倍政権は、“経産省内閣”と言われるほど、元経産官僚が幅をきかせている。その経産省と不倶戴天のライバル関係なのが財務省だ。そんな財務省において、佐川氏は経産省と親密な数少ない幹部だった。

「佐川氏は若い頃、電子政策課の係長として旧通産省に出向していました。その後も、通産省の外郭団体ジェトロのコペンハーゲン事務所に留学している。90年代半ばには主計局主査として通産省を、その10年後、今度は主計官として経産省を担当した。佐川氏は予算策定を通じ関わった他省庁は経産省のみという異色のキャリアです。そのため、経産官僚以上に経産省の人事に詳しく『誰と誰は義理の親子で』と閨閥にも精通していました。政策的にも“増税原理主義”ではなく、経産省的な成長路線に理解があった。リーマンショック後の主税局時代、経産省からの複雑な税制改正要望を裁き、感謝されていました」(財務省幹部)

 安倍政権において、最も影響力のある元経産官僚といえば、今井尚哉氏を措いていない。政務の首相秘書官を務める最側近だ。

「当初から森友問題の危機管理を一手に担っていたのが、今井氏です。昨春、森友問題が国会で取り上げられた際も、経産省出身の谷氏を聴取するなど事態の収束に動いていた」(官邸担当記者)

今井氏と佐川氏の関係は?

 今井氏と佐川氏とは「省庁間を超えて親しい」(前出・財務省関係者)という82年入省組の同期。佐川氏をよく知る牧野力元通産省事務次官も「今井とは仲は良いはず」と証言する。

「森友問題は昭恵夫人がらみの問題のため、首相の答弁は、政務担当の今井秘書官が最終責任者となります。佐川氏は『価格交渉はしていない』と強弁していましたが、首相答弁と理財局の答弁が齟齬を来たさないよう、同期の2人がすり合わせたり、連絡を取り合ったことはなかったのか。佐川氏の証人喚問でも聞かれることになるでしょう」(前出・官邸担当記者)

 当の佐川氏について、元財務省事務次官の一人は「連絡を取ってみましたが、返事はありません」と語る。

福島県出身の佐川氏は昨夏、『苦労をかけた』と地元・磐梯の温泉に家族旅行に出かけたそうです。ところが手違いで大広間で食事をする羽目になり、『他の客からヒソヒソ囁かれて子どもが可愛そうだった』とコボしていた。その後も自宅前をネットで中継されたりして、半ばノイローゼになっているそうです」(前出・財務省関係者)

 官邸としての最悪のシナリオは、佐川氏が加計問題の時の“第2の前川氏”になってしまうことだ。

「今井氏は番記者の前でも相当ピリピリしています。安倍政権はこれまで少しでも官邸に歯向かった官僚は更迭するなどしてきました。心ある官僚は萎縮する一方、出世を目指す者は官邸への忖度を加速させています」(前出・官邸担当記者)

 そうした中、文科省名古屋市教育委員会に、前川喜平前文科省事務次官が市立中学で講師を務めた授業の内容などの報告を求めていたことが明らかになった。

文科省は淵上孝教育課程課長名で、二度にわたって計26項目に及ぶ質問を列挙したメールを送っていました。出会い系バーを利用していた前川氏を招いた経緯などを尋ね、授業の録音データの提供まで求めていた。前代未聞の出来事です」(文科省担当記者)

 淵上氏は、上司の高橋道和初等中等教育局長と相談の上、市教委側に“検閲メール”を送信したという。

「高橋氏は忖度が上手く、政権の覚えめでたい」

 そう明かすのは、文科省幹部だ。

「高橋氏は13年、安倍首相の肝煎りで設立された教育再生実行会議の担当室長に送り込まれました。委員には、下村博文文科相(当時)の支援者の進学塾社長らが名を連ねていた。この会議をうまく回した実績は、首相や下村氏に高く評価されていました」(同前)

 そして15年7月、当時迷走を重ねていた新国立競技場問題を担当するスポーツ・青少年局長が事実上更迭され、その後任に高橋氏が就くことになった。

「再生会議担当室長は審議官級ポスト。本来なら、私学部長などを経由して局長に就くのが通例です。ところが、一期上の先輩を追い越す形で局長になった。年功序列の役所の人事からすれば異例のことで、“二階級特進”とも言われました。84年入省組では、事務次官レースの先頭を走っています」(同前)

圧力議員は安倍首相の愛弟子

 その高橋氏らに、授業内容について照会を行っていたのが、自民党の池田佳隆衆院議員だ。12年初当選組の“魔の3回生”。清和会の所属で「安倍首相の愛弟子」を自任しているという。首相も昨年、池田氏の選挙でこう演説していた。

「池田さんは日本青年会議所の会頭をやっていた。当時、官房長官だった私にインタビューされた。そこで、まともな教育にしていこうと意気投合しました。ぜひ政治の場で池田さんの情熱を成果に結びつけてもらいたい。こうお願いし、彼は立候補してくれました」

 一方、文科省官僚の間では、池田氏は「常に大きな声で恫喝する。教育の中立性を考えない“要注意人物”」だったという。その池田氏の“圧力”を受け、政権の意向を忖度した高橋氏が“検閲メール”の送信を部下に指示した形だ。

「国が学校の授業内容を調査することは基本的に認められていない。違法行為と指摘されても仕方ありません」(前出・文科省幹部)

 苦境に立たされた安倍政権。前出の政治部デスクが政局の行方を解説する。

日テレ世論調査で、不支持の理由のダントツ1位は『安倍総理の人柄が信頼できない』。これでは内閣改造や目玉政策を打ち出したりしても、反転は見込めない。佐川氏を証人喚問しても『捜査中で回答を差し控えたい』と連呼する可能性が高い。予算成立後に麻生氏が辞任し、後任に野田聖子総務相を充てる案も囁かれていますが、問題の核心が首相夫妻にあるだけに、効果は限定的です。結局、国民の信頼を取り戻すには、首相夫妻が真摯に説明するしかないのです」

 だが、そこで安倍首相に重くのしかかるのは、「私や妻が関係していれば、首相も議員も辞める」という自らの答弁だ。その言葉はもう書き換えられない。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年3月29日号)

安倍昭恵夫人