Continentalは3Dダッシュボード「HMC Genesis GV80」を発表した。視差を利用し、メーターや警告などが3Dで表示される。

・裸眼でOKな3Dディスプレイ

「HMC Genesis GV80」は「視差バリア技術」を採用したディスプレイを搭載したダッシュボードだ。そのメリットとして、専用のメガネを利用しなくても3D表示が可能となっている。

これにより、ダッシュボード上にメーターやポインター、オブジェクトだけでなく、ストップサインの警告などが3Dで表示され、安全運転を支援してくれる。

さらに、内蔵カメラによりドライバーの視線を検出。視線にあわせて3D表示を調整する。また、ドライバーが長時間ディスプレイを見すぎないように、注意力検出機能も搭載されている。

・未来のインフォテイメント

Continentalの担当者によれば、3D表示によって安全性と快適性が向上し、車載システムドライバーとの直感的なコミュニケーションが可能になるとしている。

さらにContinentalは現在、Leiaの3D Lightfield技術を採用することで、助手席や後席からも3D表示が楽しめるディスプレイ開発中だという。これなら、車内でビデオ会議やオンラインショッピング、拡張現実ゲームや3D映画を楽しむことも可能だ。

ますます高度に進化するダッシュボードのインフォテイメントシステムだが、3D表示という新たな要素がくわわることで、よりエキサイティングな運転体験ができるようになるのかもしれない。

Continental