NTTドコモは、サムスン電子製スマートフォンGalaxy S20 5G」「S20+ 5G」の2モデル2020年3月25日から順次発売する。

「S20」は3眼、「S20+」は4眼カメラを搭載

いずれも第5世代移動通信システム「5G」対応により高速かつ大容量の通信が可能。ディスプレイ内に超音波指紋認証センサーを装備し、セキュリティと使い勝手を向上した。

8K動画の撮影が可能な約1200万画素・超広角、約1200万画素・広角、約6400万画素・望遠カメラを装備し、暗い場所でも明るい写真撮影が可能。また望遠レンズと30倍ズームにより、遠くの景色や人物なども美しく撮影できる。上位モデル「S20+ 5G」はさらに被写界深度を測るToFカメラを追加したクアッド(4眼)カメラ仕様となっている。

そのほか共通の主な仕様は、OSが「Android 10」をプレインストールメモリーは12GB、内蔵ストレージは128GB。microSDXC(最大1TB)対応。IPX5/8防水、IP6X防塵性能を備える。ワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応。IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LANBluetooth 5.0をサポートする。

Galaxy S20 5G」は、約6.2型クアッドHD+(3201440ドット有機ELディスプレイを搭載。バッテリー容量は4000mAh

カラーはコスミック グレー、コスミック ブルークラウド ホワイトの3色。

5月下旬以降発売の「Galaxy S20+ 5G」は、約6.7型クアッドHD+(3201440ドット有機ELディスプレイを搭載。バッテリー容量は4500mAh

カラーはコスミック グレー<J-CASTトレンド>

ドコモの「5G」の幕開けは「S20」とともに