cover_e21


 ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染が増加し続けている。このようなパンデミックの渦中においては、人々の不安や恐怖心が増長されていく。

 今後、個人の精神状態を保つことが大きな課題となってくるだろう。閉鎖中のイギリスイタリアでは、世の中を悲観してうつになった10代の女性や、患者の治療中にコロナウイルスに感染した看護師が自ら命を絶つという悲しいニュースも伝えられている。

 そんな中、スペイン領のマヨルカ島で地元警察官らは、閉鎖中、家の中に閉じこもっている住民らを励まそうと、自発的に歌と踊りのパフォーマンスを行っているようだ。

―あわせて読みたい―

新型コロナウイルスの影響で休館となった水族館で、ペンギンがお客さんに。悠々と魚の水槽を見学中(アメリカ)
かつて世界を襲った史上最悪のパンデミック、ワースト10
「ベネチアの運河にイルカが泳いでいた」はフェイクだった。多くの人がこのニュースを信じてしまった理由とは
これならコロナウイルスも怖くない?ドローンに犬の散歩をさせる人が現れた模様
イギリスのおばあさん、新型コロナウイルスによる身勝手な「買占め」騒動に物申す

警察官ら、歌と踊りのパフォーマンスを住民に披露

 地中海西部バレアレス海に浮かぶスペイン領マヨルカ島では、スペイン同様住民らはロックダウン状態にあり、辛い日々を過ごしている。

 3月20日、地元の警察パトカー2台が無人の街路にサイレンを鳴らし到着。何かの非常事態かと思われたが、実は複数の警察官たちが隔離状態の住民らを励ますためにやって来たのだ。

 パトカーから降り立った警官たちは、ギターを手にしていたりヘッドセットを着けていたりして、その様子を窓から見ていた住民らは拍手で彼らを迎えた。


 すぐに、警官たちは音楽を流し歌とパフォーマンスを披露し始めた。歌って踊る警官もいれば、手拍子でリズムをとる警官もおり、見ているだけで住民たちは楽しい気持ちになったのだろう。

 流れる陽気な音楽にあわせて動画を撮影していた住民も、思わず一緒に歌う始末。

 パフォーマンスを終えた警官たちは、住民らの拍手を浴び、再びパトカーに乗り込んで去って行った。おそらく、彼らは別の地域にパフォーマンスに行ったのだろう。

 地元メディアによると、この日警官らは午後3時~7時まで住民らを励ますために各地域でパフォーマンスをしており、翌日も別の地域を訪れたという。

辛い時期を耐える住民たちにとっていい息抜きに

 コロナウイルスの蔓延を防ぐためのロックダウン政策は致し方ないことではあるが、封鎖された社会の中で住民たちは息が詰まる思いで生活しなければならず、やはり辛いものがある。

 そんな時に少しでも住民の気持ちを癒そうとしてくれた警察官らのパフォーマンスは、たとえほんのひとときであっても、住民らにとっては大きな息抜きとなったようだ。

 また、死者数が世界最大となったイタリアでも、音楽によって人々が団結の精神を新たに示した動画がFacebookシェアされた。


 ナポリのカンパニア州カゾーリアにある住宅街では、住民らがベランダに出て地元サッカーチームの歌を合唱。

 住民たちはこのパンデミックの中で連帯感をより一層強くしており、動画の投稿主は「私たちは、ウイルスに負けない!決してあきらめない!」と綴っている。

References:Lad Bibleなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52289276.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

新型コロナウイルスは悪霊。神父が聖水を撒いてコロナ退散を祈祷(ウクライナ)
音楽を奏でる演奏家と聴衆の脳はシンクロしていることが判明
脳の中には意識の鍵を握る2つのネットワークが存在することが判明(米研究)
あなたは感じる?人によっては地球の磁場を感知できることが判明(米研究)
新型コロナウイルス、パンデミックの最前線で戦っている英雄たち、世界各国の医療従事者たちの写真

―動画の紹介記事―

お客のいない空っぽの動物園で、フェネックが館内を大冒険(アメリカ)
押しても戻る、だと?低反発マットレスに驚きを隠せない猫の物理学実験
新型コロナウイルスは悪霊。神父が聖水を撒いてコロナ退散を祈祷(ウクライナ)
保護されたアライグマたち、蛇口の周りを陣取ってせっせと手洗いする
おじいさんは大切な人。飼い主おじいさんの車椅子を懸命に押す犬(カザフスタン)
コロナ封鎖で隔離状態の住民たちに歌のサービスをする警察官(マヨルカ島)