m1


 新型コロナウイルスの影響で、マスク不足が叫ばれて久しい今日このごろ。ドラッグストアやコンビニをのぞいてもいつも売り切れ、という状況が続いている。

 ハンカチなどを利用した手作りマスクなんとかしのいでいる人もいるかもしれないが、どうやらハイテクで未来的なマスクも商品化されているようだ。

 Aō Airによる「アトモス(THE ATMOS)」は、顔周りの空気を浄化してくれるという進化系フェイスマスク

 高性能な大気汚染対策マスクよりもさらに高性能とのことで、なんだかおしゃれファッションアイテムみたいに見えるところもポイントなんだ。

―あわせて読みたい―

中2心が疼くぜ!鳥獣系からカタツムリまで、手作りのアニマル系ヘッドマスクがEtsyで販売中
「日本人ってさ、どうして外でマスクをつけてるの?」海外サイトがその理由を街頭インタビューで探ってみた。
ペットと同じ顔になれる!?リアルなフェイスマスクがオーダーメイドできるぞ!
マスクをしたまま顔認証できる。ユーザーの顔をカスタム印刷したマスクが開発中(アメリカ)
中世のペスト専門医師が着用していたマスク(ドイツ医学史博物館)

超高性能でハイテクで未来的なマスク「アトモス」

 今年1月にラスベガスで開催されたテクノロジービジネスの展示会「CES 2020」で発表されたこちらのフェイスマスク

m2


 マスク市場で最も大気汚染対策に効果的とされるマスクより、最大50倍もの空気清浄機能を備えているという超高性能アイテムだ。

 ほとんどの大気汚染対策マスクは気道に入る粒子状物質の量を減少させることには役立つが、口や鼻の周囲を密閉するわけではないためその効果が大幅に低下してしまうのだそう。

m3


パフォーマンスを最適化するためのBluetooth機能も


 一方「アトモス」は、「ポジティブエアー(PositivAir)」と呼ばれる独自技術で設計されており、内部に小さなファンを内蔵。

 毎分240リットルクリーンな空気を供給してくれ、それを直接口や鼻から取り込むことができるという仕組みだ。

m4


 吐いた息はマスクが吸収して排出するため、フロントインドウが曇ることもないそうだ。

 また、マスクパフォーマンス最適化するため、装着した人の呼吸を感知して観測するBluetooth機能も組み込まれているとのこと。

m5


 現在、プレオーダーを受け付けており、金額は350ドル(約3万7700円)、その一部の前払金70ドル(約7600円を先に収める仕組みとなっている。発送予定は今年7月らしいのでもうしばらく待つことになるが、届いてからの安心感はハンパないかも・・・?

追記(2020/03/28)記事を一部変更して再送します。
References:Inhabitat / Aō Airなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52289285.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

ポテトチップは飲み物です。ポテチの袋に取り付け飲むように食べられる専用キャップ「ポテラッパー」
没頭すれば嫌な気分も吹き飛ぶはず!クトゥルフの塗り絵が無料ダウンロード公開中
おならのニオイを抑えるバナナ型の消臭グッズ「カーボナナ」
犬のフン処理、「凍らせて取る」という便利グッズが販売されている件
キャンドルを全部灯すとハンバーガー味に!味なことやるマクドナルドのキャンドル登場

サブカル・アートについての記事―

幽霊人形が出てきそう。ドールハウスをあえて廃墟化したアート作品
没頭すれば嫌な気分も吹き飛ぶはず!クトゥルフの塗り絵が無料ダウンロード公開中
未来の世界のヒューマノイドが食べる、カロリーゼロの仮想食品をCGで作り上げてみた
ガーナの映画ポスターが別の意味でコレクションしたくなる件
なんと!ダリのオリジナルの木版画がリサイクルショップで発見される(アメリカ)
コロナ対策に間に合うか?顔周りの空気を浄化するハイテクマスクが予約販売中。ただし発送は7月予定