1989年1月27日佐賀県内で行方が分からなくなっていた女性3人の死体が同県北方町の山林の中から発見された。さらに、犯行手口から1975年から1982年にかけて県内で連続した4つの殺人事件との関連が浮上する。被害者のうち6人は水曜日に失踪していることから、「水曜日の絞殺魔事件」とも呼ばれたが、犯人の狙いは分かっていない。

 最初の事件は1975年8月27日水曜日。北方町に住む当時12歳女子のBさんが、1人で留守番をしていた自宅から突如失踪した。それから5年後の1980年6月27日に、同県白石町の小学校プールトイレの便槽から遺体で発見される。

 2つ目の事件は1980年4月12日土曜日。関連付けられている事件の中で、唯一水曜日以外に犯行が行われた事件になる。白石町に住む当時20歳女性のCさんが、1人で留守番をしていた自宅から失踪。約2か月後の6月24日小学校の便槽から遺体で発見された。Bさんの遺体が発見された小学校だった。

 3つ目の事件は1981年10月7日水曜日。白石町に住む当時27歳女性のDさんが失踪。同月21日に、同県中原町の空き地で遺体が発見された。

 4つ目の事件は1982年2月17日水曜日。同県北茂安町に住む当時11歳の女子Eさんが失踪した。翌日に絞殺遺体が近隣住民によって発見される。

 5つ目の事件は1987年7月8日水曜日。同県武雄市に住む当時48歳女性のFさんが失踪し、約2年後の1989年1月27日に北方町にある崖下から遺体で発見された。同時に1988年12月7日水曜日に失踪した北方町の主婦Gさん(当時50歳)、1989年1月25日水曜日に失踪した北方町の女性会社員Hさん(当時37歳)の遺体も発見されている。

 これらの事件は半径3km以内で起こっており、犯行手口はどれも絞殺で、金品には一切手を付けないという共通点があった。さらに、被害者7人中6人が水曜日に失踪している点も同じだったことから、同一犯による犯行が疑われる。一方で、最初の4件は子供や若い女性が狙われたのに対し、1987年以降の事件は中年女性が被害者となっていることから、関連がないのではないかという声もあった。

 そして、1989年に3人の遺体が発見されて早々に事件は動く。覚せい剤取締法違反で逮捕されていた男Aが、「水曜日の絞殺魔事件」の一部犯行を自供したのだ。Aは被害者の一人Dさんと交際していたが、口論がきっかけで殺害したというものだった。しかし、Aはすぐに自供を撤回し、否認に転じる。結局、警察も証拠が足りず、殺害容疑での逮捕には至らなかった。

 2002年には、Aを「水曜日の絞殺魔事件」のうち3件の殺害容疑で逮捕するが、物証の乏しさや上申書の証拠価値の無さにより無罪判決が下されている。
 警察が挙げた証拠には、被害者Hさんの体にAの唾液が付着していた点、Hさんの遺体に失禁の跡があり、Aの車から人間の尿が検出された点などがあった。しかし、無罪判決を下した福岡高裁・正木勝彦裁判長は「決定的な客観的証拠は皆無。この程度の証拠で、重大事件について有罪とすることは、刑事裁判の鉄則に照らしてできない」と述べている。

 結局、犯人は2020年3月現在も見つかっていない。同県内、同じ曜日に犯行を行った犯人の狙いは何だったのだろうか。

※行政単位は一部、当時のものを記載。

画像はイメージです