テレビアニメ「くまクマ熊ベアー」のメインキャストが発表され、河瀬茉希異世界に入りこんだ15歳引きこもりゲーマー少女のユナ役で主演を務め、和氣あず未が、異世界でユナが最初に出会う少女フィナを演じることが分かった。キービジュアルと、2人の出会いやバトルシーンなどをボイス付きで収めた第1弾プロモーションビデオも公開中。

河瀬は「かわいいクマ装備でも冷静的確に行動するユナのギャップに魅力を感じました」と自身の役どころについて語り、「さまざまな人たちと出会い豊かな生活を送る、熊盛りだくさな異世界冒険物語。どうぞお楽しみに!」と作品をアピール。和氣は「キャラビジュアルがドタイプなので、フィナの女の子らしさを大切にしながら演じていきたいと思います!」と意気込みを語っている。

同作は、くまなの氏によるファンタジー小説(主婦と生活社刊)が原作。VRオンラインゲームに熱中するユナが、ある日突然ファンタジー世界に転移し、そのさいに与えられた強力なクマの着ぐるみ装備一式で、無敵の冒険者として自由気ままに活躍する。

メインスタッフ明らかとなり、監督を「ハイスクール・フリート」の信田ユウ、シリーズ構成を「私、能力は平均値でって言ったよね!」のあおしまたかしキャラクターデザインを「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」の中野裕紀が務める。アニメーション制作は「アサシンズプライド」のEMTスクエアードが担う。

(C)くまなの・主婦と生活社/くまクマ熊ベアー製作委員会