[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

 ついに球界にも新型コロナウイルス感染症の陽性者が出てしまった。それも一度に3人も。阪神は27日、藤浪晋太郎投手、長坂拳弥捕手、伊藤隼太外野手の3選手がPCR検査で陽性反応が出たと発表した。3選手は保健所の指示で入院することが決まった。

 まず最初に阪神・藤浪が陽性反応を示したことが報じられた。その前日、検査を受けることが決まった段階から、藤浪本人が実名での公表を望んだという。

 藤浪はコーヒーワインの匂いを感じないなど、嗅覚に異常を訴えていた。他の2選手は味噌汁の味がしないなど、味覚に異常を覚えていた。世間一般に伝わっていた情報では、嗅覚、味覚の異常というのは、新型コロナウイルス感染症の兆候や発症例としては知られていなかった。そこでファンや世間への啓発の意味も込めて、広めたかったという。

 その効果はすぐに表れた。同じ27日に姫路市で検査を受け、陽性反応を示した女性は市の聞き取りに対し「藤浪投手と同じ症状だったので心配になって」と明かしたという。

 女性の件を待つまでもなく、藤浪のこうした姿勢を肯定的に伝えたメディアもあった。一部のファンもそれに追随した。検査前の段階で、藤浪の心持ちは不安だっただろう。そんな中でも、実名報道を望んだ気概を美談のようにはやし立てる向きがあった。

・今すぐ読みたい→
阪神・藤浪投手の勇気ある行動にダルビッシュも称賛「もし自分だったら・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shintarofujinami-courageous-behavior/

 だがネットコメント欄やツイッターを見渡せば、そもそもは自己管理の甘さが招いた結果であり、そこを度外視して持ち上げるのはお門違い、という厳しい指摘の方が圧倒的多数だ。

 阪神の発表によると、陽性反応を示した3選手は14日に大阪市内の知人宅にて、他に4選手と、球団外の知人5人を含む、計12人で会食していたという。

 他の4選手は現時点では何の症状も訴えていない。阪神はすぐに甲子園鳴尾浜の2軍施設などの消毒作業を行い、チーム全体に4月1日まで1週間の自宅待機を命じた。

 この会食の場が感染源であったかどうかは、現時点では分かっていない。それでも球団からは外出、外食は極力自粛するように指示が出ていた。強制力はなかったようだが、世間がウイルスに敏感になっているこのご時世で、球団外の人間も含む12人での会食というのは、常識を疑われても仕方がない。

 確かに嗅覚、味覚の異常は、新型コロナウイルス感染症の新たな兆候例として知れ渡ったかもしれない。しかし、それ以上に世間に啓発できたのは、反面教師としての危機管理意識の低さだったのではないか。

[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
阪神・藤浪投手の勇気ある行動にダルビッシュも称賛「もし自分だったら・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shintarofujinami-courageous-behavior/

実名報道を望んだ阪神・藤浪投手に厳しい指摘「美談ではなく危機管理意識の低さ」