JR西日本2月19日在来線車両の新製投入を発表した。

今回の発表では最新車両225系の投入と旧国鉄型通勤電車201系の引退がポイントとなり、転換クロスシート車両の運行本数が増える。今回はコンパクトJR西日本在来線車両の新製投入を解説したい。

最新車両225系が144両投入

発表ではJR京都線JR神戸線東海道山陽本線)などへ最新車両225系144両投入される。

225系2010年デビューし、JR京都線神戸線の「新快速」や阪和線関西空港線の「関空快速」で活躍する車両だ。車内は2列+2列の転換クロスシートで、液晶ディスプレイ型の車内旅客案内装置を備える。営業最高速度は時速130kmで、次世代のJR西日本関西圏を牽引(けんいん)する車両だ。投入時期は2020年度から2023年度までとしている。

225系の投入により、主にJR京都線JR神戸線の「快速」で活躍する221系大和路線関西本線)やおおさか東線に転属となる。221系1989年デビューし、JR西日本の近郊型電車のイメージを確立した車両だ。3扉転換クロスシートレイアウトは今日のJR西日本近郊型電車に引き継がれている。

221系の転属で引退するのが旧国鉄時代に製造された201系だ。201系は4扉のロングシート車両で、JR東日本では京葉線を最後に2011年に引退している。

直通快速も

今回の発表で個人的に注目したのが大和路線おおさか東線である。現在、大和路線では大阪環状線に直通する「大和路快速」は221系だが、普通列車は主に201系が使用されている。225系が投入されると、大和路線を走る多くの普通列車221系になることが予想され、転換クロスシート車両の運行本数が増える。

昨年3月に全通したおおさか東線201系が幅を利かせるが、今後は同線の普通列車221系に置き換わる。ところで、鉄道ファンの間で話題となっているのは新大阪と奈良をおおさか東線経由で結ぶ「直通快速」の使用車両だ。現在「直通快速」はJR化後にデビューした4扉の通勤ロングシート電車が使われている。果たして「直通快速」も221系になるのだろうか。観光客輸送という「直通快速」の使命を考えるとトイレ付き転換クロスシート車両の221系がピッタリと思うのだが。

2010年にデビューした225系