NTTドコモ、au(KDDIなど)、ソフトバンク2020年3月下旬、5G(第5世代移動通信システム)サービスを相次いで開始した。

3日連続でほぼ横並びのスタートとなったが、現時点で一歩先を行くのは、どの事業者か。各社を比較してみると、まだ本格サービスとは言えない現状が見えてきた。

ドコモ「全国150箇所」、au「15都道府県の一部」

ドコモは、2020年3月25日から、5Gサービスを始めた。スマートフォン7機種からのスタートで、通信速度は当初、下り(受信)3.4Gbps(以下、いずれも最大値)・上り(送信)182Mbpsだが、6月以降は4.1Gbps・480Mbpsになるとしている。エリアは20年3月末に全国150箇所、6月末に全都道府県、21年3月末に全政令指定都市へ広げる計画だ。

大容量プランの「5Gギガホ」は月額7650円で、従来の「ギガホ」から500円アップされた。また契約から最大6カ月間「5Gギガホ割」として月々1000円引きとなる。利用可能なデータ量は100GB(ギガバイト)だが、当面は「データ量無制限キャンペーン」が行われる。なお5G向けプランには「5Gギガライト」(1GB未満2980円〜7GB未満5980円)もあるが、高速通信でのデータ大量消費が前提の5Gとしては、あまり現実的ではないと考え、以降各社は大容量プランに絞って紹介する。

ドコモに1日遅れ、3月26日からauの5Gが始まった。対応スマホは7機種。速度は20年3月末ごろが下り2.8Gbps・上り183Mbps、夏以降提供されるソフトウェアアップデート後は4.1Gbps・481MbpsサムスンGalaxy S20+ 5G」の場合)となる。エリアは当初、全国15都道府県の一部から提供。21年3月末に約1万局、22年3月末に2万局超まで拡大しようとしている。

auの大容量プランデータMAX 5G」は月額8650円。これまでの「auデータMAXプラン Pro」に1000円上乗せした価格設定だ。8月までは加入月から25か月間、毎月1000円引きになる「5Gスタートキャンペーン」が提供される。また、「スマホ応援割II」を適用すると、6か月間1000円が割り引かれる。データ量の上限はないが、テザリングなどの利用は30GB(同プランの場合)に限られる。

ソフトバンクは「7都府県の一部」から

さらに翌日、3月27日には、ソフトバンクの5Gが始まった。当初はスマホ4機種で、速度は下り2.0Gbps、上り103Mbps。サービス開始から4日後、3月31日時点のエリア(予定)は、東京都千葉県石川県愛知県大阪府広島県福岡県の一部に限られている。ソフトバンクの特徴は、ほかの2社のように5G専用プランを設けず、従来プランに「5G基本料」1000円を加える点にある。8月までは、加入から2年間の「5G無料キャンペーン」も行われている。

三大キャリアの後を追う楽天モバイルも、6月から自社回線(MNO)での5G開始を計画中だ。3月24日にはNECと共同開発した無線機の量産開始も発表され、準備を着々と進めている。4Gサービスでさえ本格開始前ということもあり、5Gの詳細は未発表だが、4GはひとつのプランRakuten UN-LIMIT、月々2980円)しか用意していないことを考えると、5Gもわかりやすい形になる可能性は高い。

それぞれを比較してみると、いずれもまだ「オプション」のような位置づけに感じられる。従来の4Gにプラス5001000円程度の料金設定で、当初エリアも広いとは言えない。4月8日開始の楽天モバイルMNOは、4G向け「UN-LIMIT」の1年間無料を打ち出し、「正式サービスの実質1年延期なのでは」との指摘も出ているが、各社5Gもまた同様に、当面はベータ版と思った方が良いのかもしれない。

J-CASTニュース編集部 城戸譲)

全国がエリアになる日は…