「なぜ彼女なのか。みな『気分が暗くなる』と嘆いています」

 こう語るのはある韓国・太平洋戦争遺族会のメンバーだ。いま日韓関係に再び暗雲が立ちこめ始めようとしているーー。

 きっかけは一本のニュースだった。3月24日、聯合ニュースがこう報じたのだ。

慰安婦支援団体の理事長 与党陣営の比例代表候補に=韓国総選挙

 文在寅政権の命運を握ると言われている韓国総選挙。もし与党が敗北するようなことがあれば「文政権は死に体になる」(ソウル特派員)という観測が流れるなか、与党陣営から、あの“反日”団体のトップが出馬することが決まったのだ。

歴史問題と韓国政治がついに一体化

 以下、記事を引用しよう。

4月15日に実施される韓国の総選挙に向け、与党「共に民主党」が参加する与党陣営の連合比例政党「共に市民党」は23日、比例代表候補34人の名簿と順位を発表した。候補には旧日本軍慰安婦問題の解決を求め、ソウルの日本大使館で毎週「水曜集会」を開いている市民団体「正義記憶連帯」の尹美香(ユン・ミヒャン)理事長(順位7位)が含まれた。共に市民党は総選挙で約17議席を獲得するとみられている〉

 市民団体「正義記憶連帯」(正式名称・日本軍性奴隷問題解決の為の正義記憶連帯)とは旧・韓国挺身隊問題対策協議会(以下、挺対協)のことだ。慰安婦支援団体であると同時に、在ソウル日本大使館前で毎週水曜集会を主催している“反日”団体としても知られている。

 尹美香氏は同団体の女性代表で、慰安婦問題では韓国内で最も影響力があるとされる人物である。

 聯合ニュースの予測でも総選挙では17議席あまりを獲得すると見込まれており、名簿順位7位の尹美香氏の当選はほぼ確実のようにも見える。

 このことは歴史問題と韓国政治がついに一体化するということを表しているといえよう。

 私はこれまでの取材のなかで、旧・挺対協は「慰安婦を利用している」という声を多く聞いてきた。また尹美香氏の経歴には、いくつもの疑問符が投げかけられてきたのも事実だ。

慰安婦など実被害者は常に利用されてきた

「旧・挺対協の持論は、『北朝鮮と協力して慰安婦問題で共闘しよう』というものです。そもそも尹美香氏の近親者は北の内通者という疑いもある人物であり、彼女らの活動と北朝鮮は常にリンクしている。つまり尹美香氏らは慰安婦問題を『人権問題』と語っていますが、事実上は民族主義活動、反日闘争のための道具になっているのです」(韓国人ジャーナリスト

 旧・挺対協は元慰安婦などの実被害者を常に利用してきた。韓国政治もそうした旧・挺対協の活動を優遇し、実被害者への対応を後回しにしてきた。

 今回の尹美香氏出馬に際しても、与党内で似たような構造が垣間見えたのだという。アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会の崔容相(チェ・ヨンサム)事務局長はこう語る。

「じつは3月初旬に、共に民主党から私の方に接触があり、出馬の打診がありました。これまでの歴史問題の過程において旧・挺対協などの市民団体の声ばかりが優先され、元慰安婦や元徴用工といった実被害者の『人権』が韓国内では蔑ろにされている、と私は問題意識を持っていた。この人権問題を、どう政治に訴えるべきかと模索していたところだったので、出馬を前向きに検討していたのです」

アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会とは?

 崔氏が事務局長を務める同遺族会は多数の戦争被害者や遺族が参加する有力団体の一つ。2018年12月20日に、徴用工被害者と遺族1000人以上が原告となり、韓国政府を相手取り1人あたり1億ウォン(約1000万円)の補償金を求める訴訟をソウル中央地裁に起こしたことでも知られている。

 日韓関係を悪化させた韓国大法院判決。そこで日本企業への賠償命令を求めた徴用工裁判グループとは、正反対のスタンスを取るのが崔氏の遺族会だといえよう。

「韓国政府は日韓基本条約に基づいて日本からお金を受け取っています。韓国政府はその受け取った資金を(戦争)被害者に渡さなかった過去がある。だから私たちは、日本から韓国政府が貰ったお金が被害者に渡っていないという状況を“正す”ことが必要だと思い裁判を闘っているのです」(崔氏)

 こうした韓国政府相手の裁判対策なのか、遺族会の代表としての打診だったのかは定かではないが、崔氏の証言によると、出馬打診は与党サイドからの提案だったという。

慰安婦を食い物にしている運動体の解散を目指した沈美子氏

「崔氏は李洛淵元首相の秘書室長と親交があり、徴用工問題などにも詳しいということで白羽の矢が立ったそうです。ところが崔氏擁立案に対して、激しく市民団体が反発したというのです」(前出・韓国人ジャーナリスト

 いったいどういうことか。事の経緯を説明する。

 いま崔氏が力を入れている活動の一つに、沈美子氏(故人)という元慰安婦の人権回復運動がある。

 沈美子氏は韓国・遺族会の対日補償請求裁判の原告の一人で、元慰安婦としても実名で数々の証言を行ってきた女性だ。頭脳明晰で弁が立ったといわれ、元慰安婦の中ではリーダー的な役割を果たした一人だったが、08年に84歳で亡くなっている。

 実は04年3月13日、沈美子氏ら13人の元慰安婦は、挺対協(当時)とナヌムの家に対して、「募金行為及びデモ禁止の仮処分申請」を申立てる裁判を起こしていたのだ。その目的は、運動の資金源である募金を止めさせることと、日本大使館前で行われる水曜集会を止めさせることにあった。

 当時の準備書面にはこうある。

日本軍慰安婦または女子勤労挺身隊ではない、日本政府がいう偽者を動員し、ソウル日本大使館の前や周辺で次のような内容や表現を提唱したり、流布する行為を禁ずる。

一・日本軍慰安婦に対するアジア女性基金は欺瞞だ。日本のカネを受領するのは公娼を認めることだ。

二・その他、被告が日本軍慰安婦の利益を代弁するという趣旨の内容〉(要約)

 沈美子氏の支援者は、裁判に至った経緯をこう解説する。

「当時、多くのハルモニ(元慰安婦)は貧しい境遇にあったのに、挺対協がほとんどのお金を持って行ってしまうことを沈美子はおかしいと感じていた。そこで33人の元慰安婦を集めて『世界平和無窮花会』を組織して独自の活動を目指した。そして、挺対協やナヌムの家などの元慰安婦を食い物にしている運動体の解散を目指し裁判を起こしたのです」(彼女の支援者

旧・挺対協は沈美子氏は元慰安婦ではないと主張するように

 沈美子氏らの訴えは裁判所によって退けられてしまう。だが旧・挺対協は今でもそのことを恨みに思っているのか、折りに触れて”沈美子氏は元慰安婦ではない”という主張を繰り返すようになった。沈美子氏は93年8月31日に韓国政府から元慰安婦(決定番号49)と認定、援助対象として登録された女性である。そうした事実を無視して、市民団体が独断で、かつ根拠も示さず沈美子氏の人生を否定するという行為を繰り返しているのだ。

 詳しい経緯は、拙著『韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言者たち』小学館新書)でも紹介しているので、ぜひ参照頂きたい。

 そうした実情を知った崔氏は、元慰安婦という経歴を消そうとする行為は、大きな人権問題だとの主張を行い、現在、旧・挺対協に対して激しい抗議活動を行うようになった。時には、旧・挺対協が開催する水曜集会に対抗するように人権回復の横断幕を掲げることもあった。

 つまり崔氏と旧・挺対協は因縁浅からぬ仲にあったのだ。

 崔氏も不満げな様子で首を傾げる。

「蓋を開けて見たら、私の出馬は無くなり、尹美香氏出馬が発表された。いったいどういうことなのか、と驚いています」

 鳶に油揚げをさらわれる形になった崔氏。韓国政治は実被害者には冷淡で、市民団体は優遇するというスタンスがここでも露わになった形だ。

「与党が結果的に尹美香氏を選んだということは深刻です。旧・挺対協はこれまでアジア女性基金を潰し、和解・癒やし財団を解散に追い込むなど、常に慰安婦問題の解決への道を妨げてきました。そんな彼女が政界入りすることになれば、今後、慰安婦問題の政治利用が更に激しくなるのは必至。歴史問題での和解への道は限りなく遠くなってしまう可能性が高いでしょう」(前出・太平洋戦争遺族会メンバー

 “反日”団体トップの出馬宣言の衝撃は大きいーー。

(赤石 晋一郎)

市民団体「正義記憶連帯」理事長・尹美香氏 ©時事通信社