トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが将来的な移籍の可能性を排除しなかった。イギリススカイスポーツ』が報じている。

アカデミーから慣れ親しむトッテナムで、世界指折りのストライカーに成長を遂げたケイン。今やトッテナムキャプテンを担い、公式戦通算278試合181ゴールを挙げて過去2度のプレミアリーグ得点王に輝いた実績を誇るが、チームタイトルから縁遠い。

そうした状況もあり、去就の憶測も挙がるなか、ケインが29日にインスタグラムライブ機能を用いて、『スカイスポーツ』の解説員を務めるジェイミー・レドナップ氏と対談。「トッテナム一筋のキャリアになる可能性」を問われると、こう言及した。

イエスとは言いがたいね。僕はスパーズを愛している。いつだってスパーズが大好きだ。でも、それは要素の1つだ。チームとしての前進や、正しい方向への歩みを感じられないのなら、そうした忠誠心だけで残るような人間じゃない。それは常々言ってきたことさ」

「僕自身、野心的なプレーヤーだ。うまくなりたい。もっと向上したいんだ。トップの1人になりたい。トッププレーヤーにね。それは全てチームとして何が起こり、どんな進歩を遂げるかにかかっている。だから、永遠に残るとは言い切れないけど、何も否定できない」

そう移籍に含みを持たせたケインだが、今のチームタイトルを獲得する可能性も口に。マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の後任として、昨年11月から指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督の下で、チームトロフィーをもたらしたい思いを語っている。

「僕らはここ数年で素晴らしいチームになっているけど、何かしらの理由でトロフィーを手にできていない。いちプレーヤーとしては辛いね。僕としても、チームとしてもできるのは全勝を目指して、トロフィーを勝ち獲るために全力を尽くすことだけだ」

「来季はプレシーズンから監督の価値観チームに落とし込める。今の監督になって、最初の機会だ。そこからチームがどうなっていくのかを見ていくことになる。もちろん、勝ちたい。チームとしてトロフィーを掲げるためにね。遅かれ​​早かれやってのけたい」

サムネイル画像