悪夢のラクーンシティを再設計したバイオハザード RE:3体験版「Raccoon City Demo」が3月19日に配信され10日以上が経った。製品版は4月3日に発売を控えているが、すでにPC版では何人かのユーザーがこの体験版愉快なMOD製作に挑戦している。

 前作『バイオハザード RE:2』では多数の奇々怪々なMODが登場したが、やはりあの青い列車やセクシーな夏の衣装MODは本作でも健在のようだ。

(画像はNexus Mods「Thomas The Tank Engine over Nemesis」より)

 MODコミュニティサイトNexus Mods」にて最初に登録された「キャラクターの見た目を大きく変更するMOD」は「Thomas The Tank Engine over Nemesis」、もはや定番となったきかんしゃトーマステーマにしたものだ。前作『バイオハザード RE:2』ではタイラントが置き換えられていたが、本作では追跡者ことネメシスがトーマスと化している。プレイヤーの動きを妨害する触手を手に入れた、さらにパワーアップした強力なトーマスだ。

 また、同じく『バイオハザード RE:2』でも話題となったアンブレラ社から傘のマークポイントとしたセクシーなビキニMODも登場。前作のタイラントよりもさらに巨体となったネメシスの体躯に非常にフィットする一品で、こちらもYouTubeに投稿され大きな話題を呼んでいる。

(画像はNexus Mods「Isabelle Mask」より)
(画像はNexus Mods「Isabelle Mask」より)

 一方、主人公の見た目を変更させるMODもすでに多数リリースされている。かっこいいものや別のキャラクターに置き換えるものなどがあるが、中でも異彩を放っているのはしずえさんマスクMOD「Isabelle Mask」だ。

 海外では『あつまれ どうぶつの森』とDOOM Eternalが同じ3月20日発売ということで、ドゥームスレイヤーしずえさんが仲良くなるミームが生まれた。そんなしずえさんマスクが地獄と化したラクーンシティにやってくるのは必然だったのかもしれない。

(画像はNexus Mods「Isabelle Mask」より)
(画像はNexus Mods「Isabelle Mask」より)

 さらに奇妙な置き換えMODの毒牙は登場キャラクターの「カルロス」にも襲いかかった。海外だけでなく日本でも話題となったロックマンの海外パッケージ、通称『メガマン』を再現したコスチュームを導入するMOD「Bad Boxart MegaMan Carlos」も注目を浴びている。

 この『メガマン』はSTREET FIGHTER X 鉄拳』コスチュームが輸入されるほか、『バイオハザード RE:3』でもトイショップカメオ出演しており、ふぁんめいdMODとして登場するのは時間の問題だったかもしれない。

 このほかにもゲームグラフィックを向上させる「RE3 IMMERSION」や、インベントリを原作の『バイオハザード3』風に変える「Classic Inventory RE3」など、ゲーム自体をパワーアップさせるMODなども登場。4月3日に迫った『バイオハザード RE:3』のリリースを前に、MODコミュニティも盛り上がっている。
 これらのMODが製品版でも適用できるかどうかは不明だが、何人かの製作者は本編でも使えるようにアップデートすることを公言している。ラクーンシティサバイバルに疲れたら、これらのMODを導入して気分転換してみてはいかがだろうか。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros