新型コロナウイルスの影響により、サッカー界は中断が続いている。リヴァプールの悲願だったプレミアリーグ初優勝がどうなるのかも不透明だ。

そうした中、宿敵マンチェスター・シティMFイルカイ・ギュンドーアンはリヴァプールの優勝を認めるとコメントした。

ドルトムントでは香川真司仲良しだった彼はマンチェスター・ユナイテッド戦でこんなスーパーゴールを決めたことがある選手だ(以下動画1分9秒~)。

このターンすごい

彼はドイツの国営放送のひとつである『ZDF』に対して、こう述べたという。

イルカイ・ギュンドーアン(マンチェスター・シティMF)

「個人的にはそれでOKだ。スポーツマンとして、公平でなければいけないよ。

様々な意見がある。とてもいいシーズンを過ごしていたクラブたちからすれば、ここで中止されればいいことなはずはない。

一方、降格圏にいるようなよくなかったチームにとっては、(シーズン)放棄は都合がいいはずだ」

給与カットについても受け入れる姿勢を見せたギュンドーアンは生まれ故郷を支援するための寄付も行っている。

「リヴァプール優勝でいい」 シティMF、潔く認める