ポーランドゲーム企業「CreativeForge Games」は、スタジオ「MeanAstronauts」が開発する一人称視点アドベンチャーゲーム『I Saw The Night』を発表した。

 ロードムービーノワールの要素を組み合わせた興味深い作品で、すでにSteamのストアページが公開中、発売は2021年8月19日となっている。価格やSteam以外のプラットフォームでの展開は未定だ。

 『I Saw The Night』の舞台となるのは1991年アメリカで、携帯電話は存在せず個人間の対立も根深い時代が描かれている。プレイヤー行方不明となった少女を探しにとある田舎町にやってきた「ジャック・ヴロンスキー」として、町で起きる残忍な事件に巻き込まれていく。

 ゲームタイトル名やジャックの独白が盛り込まれたトレイラーを見るとわかるとおり、本作はノワールジャンルロードムービーに強く影響を受けオマージュが散りばめられた作品になるという。機知に富み皮肉を含んだ会話や、主人公の複雑で独創的な心理から生まれる独白を多用し、ストーリーが展開されていく。

 ゲームとしてはアドベンチャーゲームサバイバルの要素も組み合わせており、最初は田舎町についてから所持金や車をすべて失うことになる。
 よそ者を歓迎しない住人たちとの会話で選択肢を冷静に選び、内なる悪魔や依存症と戦いながら自分の才気を存分に発揮し、この町にはびこる悪を暴き出さなければならない。また、フォードサンダーバードのようなレトロカーを運転するかと思えば、ときには手に汗握る銃撃戦も用意されている。

(画像はSteam 『I Saw The Night』より)
(画像はSteam 『I Saw The Night』より)
(画像はSteam 『I Saw The Night』より)
(画像はSteam 『I Saw The Night』より)

 田舎町を舞台に残忍な殺人事件を遭遇する、車の運転を含むオープンワールドサバイバルという点で、本作はレッドシーズプロファイルファンは特に楽しめるかもしれない。

 開発を担当するMeanAstronautsの情報は少なく、公式Facebookページでもゲームのポスターを公開するのみにとどまっている。発売までまだ1年以上あるので、これから少しずつ情報が出てくるものと予想される。興味がある方はSteamのストアページウィッシュリストに登録し、続報を待ってほしい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros