2020年3月29日フィリピン・マニラのニノイ・アキノ空港で、羽田行のLCCライオンエアーの小型機が、離陸に失敗して炎上、乗員・乗客8人が死亡した。

 現地メディアによると、フィリピン保険省がチャーターした小型機で、日本で治療を受けるための患者の搬送目的でのフライトだった。医師や看護師も同乗していた。国籍別ではフィリピン6人、カナダ1人、米国1人。

s h é r @pursherrrから(炎上した同機)