写真提供:Gettyimages

 欧州サッカー連盟UEFA)が新型コロナウイルスの影響で2019/20シーズンが中断していることもあり、2020/21シーズンの短縮を検討しているようだ。29日、英紙『タイムズ』が伝えている。

 今シーズン2019/2020シーズン)を8月までに終わらせることを目指しているUEFA。しかし、新型コロナウイルスの感染は広がり続け、現在でも各国リーグ戦再開の目処は立っていない。そんな中、UEFAは来シーズン(2020/21シーズン)を短縮するプランを考えているようだ。

 UEFAは各クラブへの負担を考え、2020/21シーズンを今年の後半(11月12月)に始めることを考えているとこと。また、EURO2020の1年間延期が決まっていることから、来年5月中にシーズンを終わらせることを考えているようだ。新型コロナウイルスは今シーズンのだけじゃなく来シーズンの日程にも大きな影響を及ぼすことになりそうだ。