サントリー食品インターナショナル株式会社が、食事・運動・特茶という健康習慣「特茶リズム」のアンバサダーにプロゴルファーの渋野日向子さんが就任したことを3月30日に発表しました。

 あわせて、お笑い芸人アンタッチャブル山崎弘也(ザキヤマ)さんも出演する、WEB動画「ザキヤマの!渋野さんぶっちゃけどうですか?」をサントリー公式YouTubeチャンネルで公開しています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 「ザキヤマの!渋野さんぶっちゃけどうですか?」は、渋野さんの素顔を明らかにすべく、“食事・運動・特茶”をはじめとした様々なテーマをザキヤマさんが質問。それに渋野さんが答えていくインタビュー動画です。

 トークテーマは全部で10種類。ザキヤマさんの勢いあふれるアドリブ質問(無茶ぶり)やツッコミで、渋野さんの「ぶっちゃけ回答」をぐいぐい引き出し、普段は見られない素顔や、知られざるエピソードが満載のWEB動画となっています。

 誰もいないスタジオで1人座る緊張気味の渋野さん。そこへ、「どうもどうも渋野さん!」と、いつものテンションのザキヤマさんの声が……。「渋野日向子に質問が」という振りに対し、恥ずかしそうに「くる~~」と返す渋野さん。渋野さんが実践している「特茶リズム」に関する質問や、英語の発音、笑顔へのリクエストなど、無茶ぶりに対しても笑顔で受け答えする渋野さんの微笑ましい姿に注目。

 ちなみに、筆者が面白いと思ったのは、「ゴルフ篇:ぶっちゃけゴルフってどうですか?」と「笑顔篇:ぶっちゃけ笑顔ってどうですか?」。ザキヤマさんのバラエティー番組でよく見せるような無茶ぶりを、渋野さんにもしている感じが特に出ていると思います。

 ゴルフ篇では、ザキヤマさんが「ゴルフのいいところはなんですか?」と最初はオーソドックスな質問から入るのですが、質問は次第にエスカレート。ザキヤマさんの「生まれ変わった時にゴルフクラブになるなら何になりたいですか?」という突拍子もない質問に「絶対ドライバーです!どのクラブよりも主役かなって思います」と答えていた渋野さんですが……。

 ザキヤマさんが「ゴルフ以外だったら何の仕事がしたいですか?」と質問した際、渋野さんは「小さい子が好きなので保育士になりたい時がありました」と言ってしまったため、「ザキヤマちゃんを3歳くらいだと思ってあやしてもらっていいですか?」と無茶ぶりが炸裂。照れながらも「ザキヤマちゃ~ん、大丈夫ちゅか~?」と、3歳のザキヤマちゃんをあやす渋野さんは必見です。

 さらに笑顔篇では、「笑顔は世界共通」と話す渋野さんに「渋野さんは、3割の笑顔、5割の笑顔ってできるんですか?」と無茶ぶりをするザキヤマさん。「頑張れば……」と自信なさげな渋野さんをよそに、「じゃあ、3割、5割、7割、10割……」と、次々にやらせていくザキヤマさん。7割と10割のシブコスマイルがあまり変わらず、自分でも思わず笑ってしまった渋野さん。

 「5(割)で行きすぎたんじゃないの?」と言うザキヤマさんに「ちょっと、やりすぎましたね」と、反省する渋野さんが面白いです。

 最後に、サントリー所属契約が決まって「実は『特茶』を初めて飲んだ」と言う渋野さん。「思ったよりも苦くなくて飲みやすいです。もう今では、はまっちゃって、ゴルフのときに飲んでます」と話し、「きちんと食べて運動して『特茶』を飲む、『特茶リズム』。みなさんも自分なりの『特茶リズム』を実践して健康的な毎日を送ってくださいね。一緒に『特茶リズム』を頑張りましょう」と呼び掛けていました。

情報提供:サントリー食品インターナショナル株式会社

(佐藤圭亮)

プロゴルファー渋野日向子がアンタ山崎の無茶ぶりの餌食に 「特茶リズム」の爆笑WEB動画公開