俳優・中村倫也が出演するボトル入りパスタソースピエトロ おうちパスタ」のCM第2弾が4月1日(水)から2週間、北海道・関東・中部・関西・中四国・福岡の各エリアでオンエアされる。また、CMとは異なるバージョンweb動画広告も展開される。

【写真を見る】ループタイにスリーピース・スーツで風変わりな探偵を演じる中村倫也

CMは、ボトル入りパスタソースピエトロ おうちパスタ」の“妖精”に扮した中村が、さまざまなシチュエーションのキッチンに現れ、パスタを作ろうとする人に、心地よい歌声と優しい表情でそっと“ささやく”というもの。

■ “おうちパスタの妖精” =中村倫也が現れる !?

まず、夕食の準備を始める奥様のキッチン。「冷蔵庫に何があったかしら?」と中をのぞき込む奥様の横で、妖精が「おうちパスタをかけるだけ~♪」とそっと歌うようにささやきかける。

次は、一人暮らしの若い女性のキッチン。慣れない手つきでパスタに入れる玉ねぎを切っていると、料理が上手になる魔法の言葉のように、妖精が「おうちパスタをかけるだけ~♪」と彼女にささやく。

3番目は小さな女の子お父さんが一緒に料理をしているキッチン。温かいまなざしで女の子を見守る妖精が、隣りで優しく「おうちパスタをかけるだけ~♪」とささやく。

場面が変わって、ジュウジュウと音を立てておいしそうに仕上がったパスタを食べた妖精が、ひとこと、「ぼくは、ごま醤油ガーリックが好き」とつぶやいて、エンディングを迎える。

中村倫也のささやくような歌声にスタッフもドキドキ

撮影現場では、前回大好評だった、妖精が歌う“おうちパスタの歌”のメロディーを用い、監督から中村に、「料理する人の耳元で“ささやく”ように歌ってください」というリクエストがされた。

「おうちパスタをかけるだけ~」と、中村が歌う度に、撮影に立ち会っていたスタッフもドキドキしていたという。また、歌声の録音の際には、ミュージカル俳優風に歌うなど、制作現場を和ませていたそうだ。

■ 衣装のまま、調理チームフライパンからつまみ食い !?

第1弾CMの収録時にも、撮影用に並んだピエトロの商品にとても興味を持っていたという料理好きの中村。今回も撮影用調理チームの様子が気になったようで、コック服の衣装のまま、調理チームの様子を見にくると、フライパンで炒められたソーセージをパクッとまさかのつまみ食いをしていたそうだ。(ザテレビジョン

中村倫也が「ピエトロ おうちパスタ」CMに出演