Netflixの公式Twitterアカウントは、3月に第3シーズンが公開されたアニメ悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』の第4シーズンの製作を発表した。公開時期などは明かされていない。

 『悪魔城ドラキュラキャッスルヴァニア-』は2017年シーズン1が公開された悪魔城ドラキュラシリーズアニメ化作品だ。中世ヨーロッパの時代、破滅に瀕した東ヨーロッパを救うためにヴァンパイアハンター一族ベルモント家最後の生き残りのトレバーの活躍を描く。アルカードドラキュラなど、ゲーム悪魔城ドラキュラ』でおなじみのキャラクターも登場する。

 2018年シーズン2、2020年3月にシーズン3が順次リリースされた。シーズン3は前シーズンドラキュラヴラド・ツェペシュが倒されたあとの世界や英雄、そして悪を描いた。新たな敵であるカーミラや、新キャラクターとして日本のヴァンパイアハンター「タカ」と「スミ」が登場。これまでのシーズンで最長となる10話でシナリオが展開した。

(画像はTwitter NXOnNetflixより)

 シーズン4のストーリーはまだ明かされていないが、新展開となったシーズン3の物語を受けた続編に続編になるだろう。シリーズ監督であるサミュエル・ディーツ氏は、記事執筆時点でこの発表に対して何も反応していない。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros