3月30日お笑い界のスターである志村けんさんの死去が報じられた。3月25日新型コロナウィルスに罹患し入院したことが報じられ、SNSなどでは数多くの励ましの声があがっていた。夫婦役でコントを行うなど、バラエティー番組で共演し親交のあった歌手の研ナオコさんは、25日にTwitterにて

けんちゃん、早く治してまたバカ殿一緒にやりましょうね

エールを贈り、「福島県観光物産交流協会」の

志村けんさんの「だいじょぶだぁ」は、志村さんが福島県喜多方市に遊びに来た時に、地元の人に言われた「あがっせ、あがっせ、だいじょぶだぁ」が起源だそうです。福島訛りを全国に面白おかしく広めてくれた志村さん。

なおっぺ、なおっぺ、だいじょぶだぁ

というツイートリツイートしていた研さん。死去が報じられた後、

けんちゃん、駄目だった(涙)
どうしよう、、..

今は何も
考えられません

けんちゃんと、もう会えなくなっちゃう

悲し過ぎて

あり過ぎる想いが整理できません

一緒に仕事が出来て幸せでした

ありがとう…

と、悲痛な想い、感謝の言葉を述べていた。研さんのツイートには、他のユーザーからは追悼の言葉が数多く寄せられていたようだ。

※画像は『Twitter』より

関連:
志村けんさん新型コロナにより死去 各界から悲しみの声
https://getnews.jp/archives/2472122[リンク]

―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
研ナオコさん「今は何も 考えられません」「悲し過ぎて あり過ぎる想いが整理できません」志村けんさんの訃報に悲痛なツイート