世界保健機関WHO)と米国のゲーム業界18社は3月29日(日)、新型コロナウイルス感染症COVID-19)の感染拡大を予防するためのメッセージを合同で広めるキャンペーン「#PlayApartTogether」の実施を発表した。

(画像はレイ・チェンバーズ氏のTwitterより)

 本キャンペーンでは、SNS上で「#PlayApartTogether」のハッシュタグを使い、WHOの健康ガイドラインに掲載されている感染予防についてのメッセージを発信する。また、自分や家族、コミュニティにとって健康的なライフスタイルを送れるように、人気ゲームのいくつかで特別なイベントを実施する。本キャンペーンに参画を発表した18社は以下のとおりだ。

Activision Blizzard

Amazon Appstore

Big Fish Games

Dirtybit Games

Glu Mobile

Jam City

Kabam

Maysalward

Playtika

Pocket Gems

Riot Games

SciPlay

Snap Games

Twitch

Unity Technologies

Wooga

YouTube Gaming

Zynga

 本キャンペーンの実施について、WHOのグローバル戦略大使を務めるレイ・チェンバーズ氏は「我々はこのパンデミックの結果を定義するうえで重要な局面を迎えている」コメントしたほか、事務局長のテドロス・アダノム氏はチェンバーズ氏のツイートを引用したうえで感謝の言葉を述べ、新型コロナウイルスとの闘いに勝利するために皆で#PlayApartTogetherをしなければならない」と呼びかけた。

 なお、国内では「#家にいるだけで世界は救える」「#家でプレイステーションをしてろ」などのハッシュタグも登場しているので、こちらのハッシュタグを使っておもいおもいのメッセージを投稿してみるとよいだろう。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。