【動画はこちら】

2020年3月29日に新型コロナウイルス肺炎で亡くなった志村けんさん。30日、都庁で行われた会見で、東京都の小池百合子知事が志村けんさんについて言及しました(冒頭の動画)。

その中で下記のようにコメントしています。

コロナウイルスの危険性について、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています。

ネットには「それは違うと思う」「あまりにも心が無さすぎる」「志村けんが亡くなったことで新型コロナウイルスへの認識を改めた人が多いのは事実と思う。しかし、”最後の功績”のようにそれを美化することには同意できない。」などの声が寄せられています。

大スターである志村さんが亡くなったことで、結果的に新型コロナウイルスの怖さをやっと身近に感じたという人もいると思います。しかし、志村さんはその為に亡くなったわけではないし、出来れば生きたいと思っていたに違いありません。

筆者は全ての芸能人の中で一番好きでした。小池知事の言い方は、志村さんの死を政治に使われてしまっているように感じて、とてもモヤモヤします。逆に言うと、それくらい切羽詰まった状況であるのかもしれませんが。。

小池知事だけではなく、新型コロナウイルスの怖さを知ってもらいたい気持ちが大きい人が、その認知拡大のために志村けんを利用しているような言説もネットには多く溢れています。

そういった言葉を見かけるたびに、彼のファンとしてとてもモヤモヤした物が胸にやってくるのです。

新型コロナウイルスが怖いのは事実です。しかし志村けんはもうこの世にいないのだから、生きている人たちで先の話をして欲しいと思います。

【動画はこちら】

「最後の功績」志村けんさんへの小池知事のコメントが炎上。政治に利用されているみたいでモヤモヤする