5月病マリオさんが描く吉田照美&みうらじゅん ニコニコ動画で活躍中の"絵師"・5月病マリオさんが2011年5月25日ニコニコ生放送の番組「吉田照美&みうらじゅんときどきアートライフ」に出演した。5月病マリオさんは、フリーアナウンサーの吉田照美さんと漫画家イラストレーターみうらじゅんさんの会話をもとに、その場で早描きをするパフォーマンスを披露。そのクオリティの高さに、吉田さんから「うまいなぁー。なんでこんな早く描いちゃうの? 気に入らないんだけど」と、嫉妬と賞賛の入り混じったコメントが述べられた。

 5月病マリオさんは2008年、「マリオ五月病にかかったようです」という2ちゃんねるスレッドイラストを載せて脚光を浴び、ニコニコ動画の「描いてみたジャンルでも絵師(漫画やアニメイラストを描く人)として活躍。2009年に『赤ずきんちゃんがずきんを脱いだようです』、2010年には『赤ずきんちゃん不思議の国に迷い込んだようです』(共にマイクロマガジン社)を刊行している。

 番組では吉田さんとみうらさんが、昭和時代のオヤジ話と下ネタを中心にトーク。これには5月病マリオさんも題材に苦慮し、筆が止まる場面があったが、そんな中でも「ジョジョ」風のみうらさんや、吉田さんが描いた版画家・川瀬巴水の松島双子島の模写などをイラストにして披露した。

 吉田さんは、5月病マリオさんのイラストの上手さに「気に入らないんだけど」と嫉妬。一方、みうらさんは吉田さんとのツーショットが描かれた作品を見て、「これからこれをアー写(宣材写真)にするかな」と、その出来栄えに感心した様子だった。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]早描きイラストへの嫉妬と賞賛部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50338555?ref=news#27:40

ふじいりょう

【関連記事】
ドワンゴ新人研修は「絵本づくり」 大塚英志が教える「物語のつくり方」
みうらじゅん「東電の仕事は全部断った」
マリオが悪役だったこともある 「ゲームに登場する印象的な悪役」といえば
5月病マリオさんが描く吉田照美&みうらじゅん