アルコール濃度を80%前後に薄めた“消毒用エタノール”は新型コロナウイルスの感染予防に効果があるとして知られているが、イランでは「アルコール新型コロナウイルスに効く」とのデマがSNSで広がり、日本で危険物第4類アルコール類に指定されている“メタノール”を含んだ密造酒を飲んだ約300人が死亡した。『The Sun』『news.com.au』などが伝えている。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くイランでは今年2月、SNSで「感染予防にはアルコールが有効」というデマが拡散し、これまでに安い密造酒を飲んだ1000人以上がメタノールの中毒症状を訴え、約300人が死亡した。

イスラム教を国教とするイランでは飲酒が禁止されているため、人々は安い密造酒か密輸によって酒を買うしかない。しかし安い密造酒には“メタノール”が含まれており、多量に摂取すると吐き気や眩暈、意識障害のほか、失明や命の危険に晒される。

ノルウェーの首都オスロで臨床中毒学を研究し、メタノールの毒性について詳しいクヌート・エリック・ホヴダ博士(Knut Erik Hovda)は「イラン国内では急速に感染拡大が進み、多くの人が亡くなっています。ただ人々はメタノールを含む密造酒の危険性についてはほとんど認識していないのが現状です。このまま密造酒を飲み続ければ、メタノール中毒に陥る人はさらに増えるでしょう」と述べている。

イラン政府は毒性の強いメタノールに人工着色料を付加することを義務付けているが、酒に漂白剤を混ぜて販売する者もおり、イラン国内では新型コロナウイルスの感染拡大以前から密造酒の横行が問題となっていた。

ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームによると、日本時間31日午前0時過ぎの時点でイランでの新型コロナウイルス感染者数は4万1千人超、死者数は2757人となっている。約8000万人が暮らすイラン国内では、軍の主導で首都テヘランの常設国際展示場を2000床の野外病院へ転用するなどの対策が進められているが、『The Sun』は国民の大半が政府の遅々たる対応に不満を募らせていると指摘している。

画像は『The Sun 2020年3月26日付「PREPARING FOR CHAOS World prepares for coronavirus floodgates to open as massive field hospitals spring up all over the planet」(Credit: Alamy Live News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト