ニューヨーク州では30日、州内の新型コロナウイルスの感染による死者が1200人を超え、感染者が米国内で最悪となっていることを発表した。米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームによると、日本時間31日20時過ぎの時点で米国内の感染者数は16万4千人超、ニューヨーク州だけで6万7千人超となっている。州では増え続ける患者のために病床の確保などに追われる一方、遺体を一時保管する冷蔵トラックを病院前に設置、すでに遺体の搬入が始まっているようだ。

新型コロナウイルス感染者が急増するニューヨーク州では、医療従事者の負担の増加、病床や医療用品の不足などが懸念されており、クオモ州知事が中心となって対策にあたっている

現在の州内の既存ベッドは5万3千床だが、感染者数のピークが予想される数週後には14万床が必要になると見られており、セントラルパークには29日、臨時の野営病院が設置された。また30日には約1000床を備えた米海軍の病院船「コンフォート」が到着しており、ニューヨーク市マンハッタンのジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センター1000床の臨時医療施設に転用することも決まっている。

そんななかニューヨーク市では、病院や市の遺体安置所が収容能力の限界に達する事態となっており、2001年9月11日米同時多発テロ以来約19年ぶりに冷蔵設備を備えた仮設遺体安置所を複数の病院前に設置した。さらには1台で44遺体の保管が可能な冷蔵トラック45台を病院脇に待機させており、3600遺体の一時保管が可能になった。

まさに異常な事態が続いているわけだが、ブルックリンフォート・グリーンにあるブルックリン病院センター前では先週末、冷蔵トラックフォークリフトで袋詰めされた遺体が詰め込まれる様子が市民によって撮影され、SNSで拡散している。

カメラを回している男性は「冗談じゃない。これが現実だ。18輪トラックに遺体を入れてるんだ。みんな家の中にいてくれよ。この人たちのために祈ってくれ。信じられないよ。シリアスになってくれ。手の震えが止まらないよ。これが今起こっているんだ。マジなんだよ」と悲痛な叫びをあげるのだった。

同じブルックリンにあるブルックデール病院の関係者は「うちの病院内の遺体安置所で保管できるのは20遺体だけしかない。だから冷蔵トラックが横づけされている。通常と違ってこの感染による死が辛いのは、家族が遺体を引き取ることができないということだよ」と語っている。

またマンハッタンの病院に勤める男性看護師(38)は、病院前に停められた袋が積まれた冷蔵トラックを目の当たりにし「土曜の夜にある女性患者の手を取って最期を看取ったんだ。最期の息をするのをね。その女性が日曜の朝には冷蔵トラックの中にいる。これが恐ろしい現実なんだ」とメディアに明かした。

ニューヨーク市衛生局長オキシリス・バーボットさん(Oxiris Barbot)は「感染者数のピークは4月になることが考えられ、死者の数は更に増えるだろう」と述べており、最期は家族や友人にも会えずにこの世去らなければならない患者の急増に懸念を示している。

画像は『John Lee 2020年3月29日Facebook「Please This Is For Real」』『Metro 2020年3月30日付「Coronavirus death toll in New York surges past 1,200 as Covid-19 cases top 66,000」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト