家で過ごす時間が多くなるこの機会に、「ほぼ日の学校」を受講してみませんか? ほぼ日の学校オンラインクラスには、ほぼ日の学校で行われてきたシェイクスピア歌舞伎万葉集講座の授業とこれまでの「ほぼ日の学校スペシャル」の授業がほぼそろっています。このオンラインクラス2020年3月2日より3月いっぱい無料公開としていましたが、心穏やかならぬ状況が続いていることに鑑み、無料公開期間を、4月いっぱいへと延長することといたしました。2019年12月に終了した「ダーウィンの贈りもの I 」の授業も随時追加されていきます。(第1回から第4回目までの授業はすでにご覧いただけます。)
このような時こそ古典の世界に触れてみるのはいかがでしょうか。オンラインクラスの無料クーポンでのお申し込みはこちらからどうぞ。https://www.1101.com/n/s/gakkou_onlinefree20sp/index.html

シェイクスピア歌舞伎万葉集ダーウィン....ご覧いただけるのは全部で43の授業。】春休み、そして在宅勤務がふえるお勤めのみなさま、手元にちょっと増えた時間をつかって、古典の世界に触れてみませんか? 古典というと、とっつきにくいイメージがあるかもしれません。しかし、ほぼ日の学校は「知のエンターテインメント」。演出家や俳優、落語家イラストレーター、作家、投資家、研究者、写真家......こうした講師のみなさんの活き活きした言葉を聞いていると、喉が渇いているときに水をごくごくのむように、楽しく、気持ち良く、古典を学ぶことができます。ほぼ日の学校オンラインクラスでご覧いただけるのは全部で43の授業です(3月31日現在)。 授業の見どころを短くまとめた[15分]動画と、授業全体をじっくりとたのしめる[120分]動画があります。ご覧いただく内容を豪華な講師から選んでいただいても、テーマからで選んでいただいてもかまいません。
(ほぼ日の学校講師一覧 https://gakkou.1101.com/online/teacher/ )

オンラインクラス早わかりガイドもあります。】
ほぼ日の学校のページでは授業をご覧いただくための、早わかりガイドもご用意しました。「迷ったら、まずは。」「○○愛あふれる」「演劇・音楽・落語のこと」「ここでしか聞けない」「こんな楽しみ方が、ある。」「ズシン!とくる。」「ビジネス魂」「じっくり聞きたい。」というジャンルにわかれています。どれをとっても、熱のこもった充実の講義。自信をもってオススメしたいものばかりです。興味があるところからぜひご覧ください。


「いま、古典の素養が足りないような気がする」。そう語る糸井重里の発案から、「ほぼ日の学校」の構想ははじまりました。この古典をテーマとする学校をひきいるのはほぼ日学校長、河野通和です。『婦人公論』『中央公論』や『考える人』の編集長を長く務めた経験と知見を生かし、講師やテーマを吟味し、学校の陣容を整えてきました。2018年ほぼ日の学校」が最初に取り上げたのは、 「シェイクスピア」。そのあとは「歌舞伎」「万葉集」「ダーウィン」といったテーマに取り組んでいます。折々に短期集中講座、イベント、校外学習なども企画しています。その授業をオンラインでご覧いただける「ほぼ日の学校オンラインクラス」では授業の見 どころを短くまとめた[15分]動画と、授業全体をじっくりとたのしめる[120分]動画をご用意しています。2020年4月末までオンラインクラスを無料で公開中です。

配信元企業:株式会社ほぼ日

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ