世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染危機に対し、LINEなどの国内3社が合同プロジェクト「想像力で世界を救え」を立ち上げた。国連の声明に応える形でのプロジェクト発足となり、クリエイターや専門家の情報発信を支援する。

国連の声明に応えてプロジェクトが発足

3社合同プロジェクト発足のきっかけとなったのは、国連の声明だった。国連は先日、全世界のクリエイターメディアラットフォームに対し、新型コロナウイルス関連の情報発信を募集。感染危機を食い止めるためのクリエイティブコミュニティーを形成すると発表していた。

これを受けて、LINE株式会社・ワンメディア株式会社株式会社GOの3社がタッグを組んだ。今後は国連のガイドラインに基づいて、ウイルスへの正しい対応をコンテンツとして拡散する予定だ。拡散に使われるタグとして、「#想像力で世界を救え」「#COVID19」というフレーズ明らかになっている。

それぞれの強みを最大限に活用

今回の合同プロジェクトのもと、3社はそれぞれの強みを最大限に活用した支援を行う。

LINE株式会社は、「#想像力で世界を救え」「#COVID19」のタグで発信されたコンテンツや情報を、同社のSNSサービスLINE」のタイムライン上で配信する予定。

ワンメディア株式会社は、SNSに特化した動画を1,500本以上作ってきたコンテンツスタジオとして、感染予防に関する啓発動画を専門家の協力のもとに企画。タレント事務所インフルエンサーと連携して制作を行い、YouTubeLINEタイムライン上にて発信する。

そして株式会社GOは、日本最高水準のクリエイタービジネスプロデューサーの集団として、国連の情報をわかりやすいグラフィックコピーとして発信するとのこと。

プロジェクト全体としては、専門家や企業など各所からの支援を広く受け付けるとしており、プロジェクトへの連絡フォームも用意されている。

PR TIMES

(文・早川あさひ