渡辺明棋王に本田奎五段が挑戦した第45期棋王戦五番勝負は、石川県金沢市栃木県宇都宮市新潟県新潟市とおなじみの各地を転戦して、第4局は東京都渋谷区に戻ってきた。

 東京都渋谷区と聞いて「千駄ヶ谷の将棋会館だろう」と決め付けた人はまだ甘い。竜王戦でおなじみのセルリアンタワー渋谷区だけれども、これも違う。

 恵比寿のウェスティンホテルは残念ながら目黒区であるし、かつて何度も名人戦の舞台になった羽澤ガーデンは2005年に閉められて、跡地には高級マンションが建っている。

 今回の対局場は東郷神社である。

 東郷神社は日露戦争において連合艦隊の司令長官を務めた東郷平八郎元帥海軍大将を祀っており、千駄ヶ谷の将棋会館から10分足らずの場所にある。とんでもハップン、歩いて10分である。

 私はこの第4局の新聞観戦記を担当したので、あちらには書かないようなこぼれ話を中心に書いていこうと思う。

 例によって将棋の内容にはまったく触れないつもりなので、そちらに興味がある方は棋王戦を掲載する20社の新聞、ネット中継のアーカイブなどをご覧いただきたい。

 日本将棋連盟棋王戦ページhttps://www.shogi.or.jp/match/kiou/ から。

3月16日月曜日

 千駄ヶ谷駅から外苑西通りに出て、宿泊することになっている日本青年館ホテルまで歩いていく。1泊でも3泊でも荷物の量がさほど変わらないのは、いかなるときも何かしらパンパンに詰めてしまう悪癖があるせいだろう。千駄ヶ谷駅からは15分ほど、将棋会館からは10分強の道のりである。

 右にホープ軒、左に新国立競技場が見える交差点で立ち止まり、しばし体を休める。タクシー運転手御用達のホープ軒には、中学生のころに定期的に通っていた。当時研修会にいた私は千葉県の東京寄りに住んでいたのに、なぜか例会の前日に会館に泊まることが多かった。地方から出てくる正規宿泊組と一緒にホープ軒で晩御飯ということもたびたびあり、いつも率先してホープ軒を希望するのは愛知県から来ていた松尾歩少年だった。

 大人になってからは、悪い(?)先輩たちと近隣の馴染みの店で朝まで飲む展開になったあとに、やけくそになってホープ軒に入る程度のお付き合いである。やけくそついでにそのままタクシーで築地に行って寿司をかっ食らう展開もあり、そうなったらもう日付が変わるあたりまで帰ることはできない。

ヤクルトファンの渡辺三冠曰く「部屋からバッチリ観戦できる!」

 話が脱線しすぎてしまった。途中で偶然会った(目的地と時間が同じだから偶然でもないか)渡辺明三冠と同道しつつ日本青年館ホテルに到着した。

 このホテル2017年に建て直され、9階建てから16階建てにジャンプアップそういえば森雞二九段のパーティがこちらで催されたとき、ホテルの前で某九段に「新しい日本青年館ホテルはどこですかね?」と聞かれたことがあった。

 目の前のこれですね、と答えると某九段は喉仏がよく見えるくらいの角度で建物を見上げて「ええっ!」。両手の位置も含めて見事なマスオさん的リアクションでしたよ、森内先生。

 ホテルのロビーや部屋からは神宮球場がまるっと見える絶好のロケーション。ヤクルトスワローズファンの渡辺三冠は「ここには対局前に何度か泊まったことがあるよ。試合のある日はね、タダ見されないようにロビーのブラインドが下ろされるんだ。宿泊者の部屋からはバッチリ観戦できる!」と教えてくれた。

 ちなみに関西から遠征してきて宿泊する棋士の中には、球場とは逆側の部屋にしてほしいとリクエストする人もいるそうだ。もったいないような気もするけれど、まあ野球を見に来たわけではないから当然といえば当然かもしれない。

これはいわゆる「検分あるある

 部屋に荷物を置き、1階に集合してハイヤーで東郷神社へ。拝殿での対局の成功祈願と対局室の検分を滞りなく終え、再びホテルに戻った。下の検分写真では皆違う方向を見ているが、これはいわゆる「検分あるある」。各々が気になる場所を見てこそ、検分の精度が上がるのである。

 このほかにもいろいろとあったけれど、前述した通り新聞観戦記で使うかもしれないネタを書くわけにもいかない。こちらはあくまでも、こぼれ話というスタンスなのだ。もっとも新聞で書けないようなくだらない内容のほうがネットではウケがよかったりするので、結局のところはうまい配分になっているのかもしれない。

 今回は第3局の新潟に続いて、前夜祭と大盤解説会はなし。夜は関係者のみの食事会となった。数多くタイトル戦に出ている渡辺三冠に比べて、初めて挑戦者になった本田五段は口数が少ない。それでも話を振られればユーモアを交えながら答えてくれるので、きっと場慣れすれば自分から話すようになるに違いない。

頼みの正反対にいる渡辺三冠のご朱印帳

 そうそう、食事会が始まる前に渡辺三冠に「これ、明日の日付でもらっておいてくれる?」と、ご朱印帳を渡された。福岡県の宗像大社から始めたらしく、もう両手ぐらいはご朱印が押されている。性格的には神頼みの正反対にいる渡辺三冠だから、きっとご利益を期待するというよりもアトラクション感覚が強いのだろう。

 対局者が自室に戻ったあとも、立会人の中村修九段を中心に会話が続いた。話題はやはり新型コロナウイルスの影響と対策が大半で、棋士会の会長である中村九段は悩みが尽きないそうだ。将棋連盟会長の佐藤康光九段もそうだが、皆を引っ張っていく立場にある人はこういうとき特に大変なのだなぁと、改めて感じ入った。

 長くなれば自然に酒量が増えてしまい翌日に影響が出かねないので、ほどよいタイミングでお開きになった。せっかく対局場の近くに泊まらせてもらっているのに、寝坊をしては本末転倒である。

3月17日火曜日

 前日分で余計なことを書きすぎたため、スペースが足りなくなってしまった。対局当日のことは写真を中心に、キャプション的なコメントとともにお届けしていこう!(勢いだけで押し切る例の手筋)

 こちらは午前9時の開始前の様子。今回、対局者以外はマスク着用が義務付けられた。対局者もマスクをつけてもよいのだろうが、メガネが曇っては思考が乱れかねない。

 盤側の私はマスクティッシュを挟むという聞き知った技を使ったが、効果はあまり感じられなかった。きっと鼻息が荒かったのだろう。対局者にフガフガを聞かせるわけにはいかないので、入室は急所の場面と佳境に入ってからにしておいた。

 東郷神社で出された関係者用のお弁当。これがとても美味しかった。打ち上げで出された料理も絶品で、私などが口にするのは勿体ないと思えるレベルであった。もし先々に結婚式を挙げる予定がある人には東郷神社をオススメしたい。料理だけでなくスタッフの接遇も抜群だったので、きっとよい思い出が作れるはずである。

どうやらキティちゃんは守備範囲ではなかったようだ

 続いてはご朱印帳。左が渡辺三冠のもので、右はぬいぐるみをはじめ、かわいらしいものが好きな渡辺氏を悔しがらせようと思って私が購入したキティちゃんデザインのもの。朱印入りで2000円也。「なぜ東郷神社でサンリオ?」と思わないでもなかったが、他者の趣味嗜好をことさら深く詮索することもない。

 対局後、わくわくしながら件のモノを渡辺三冠に見せびらかしたのだが、読み筋通りにはいかず、ちっともうらやましそうにしてくれない。どうやらキティちゃんは守備範囲ではなかったようだ。くっ。

 このままでは収まりがつかないので、私自身がキティちゃんを片手に寺社仏閣を回るしかない。きっと全国の巫女さんに「いい年のオッサンがこれか」という奇異の目で見られ……ふむ、それもまあ悪くはないか。

 以上、渡辺三冠が勝ち3勝1敗で防衛。棋王8連覇となった棋王戦第4局の余話でした。

 本当は盤駒はじめタイトル戦の舞台で使用する棋具や道具を紹介しようと思ったのだけれど、それはまた別の機会に。

写真=後藤元気

(後藤 元気)

渋谷区神宮前1丁目にある東郷神社