運転中の喫煙は、注意散漫や運転操作の不適による交通事故を増やす可能性があり危険が伴う。世界には車内での喫煙を規制している国が少なくないのだが、日本では運転中の喫煙は規制化がされていない。
東北大学の研究グループの調査によるとたばこを20本以上吸う男性は非喫煙者に比べて、交通事故死亡のリスクが1.54倍高いという調査結果を発表した。



厚生労働省が健康増進法の一部を改正


 厚生労働省2018年7月、健康増進法の一部を改正する法律が成立した。望まない受動喫煙を防止する為の取り組みは、マナーからルールへと変わった事により喫煙者へ更なる大打撃を与えた。
 改正された健康増進法は2020年4月1日から正式に決行されるのだが、一番衝撃な内容として屋内が原則禁煙となり標識掲示が義務付けとなる。加えて20歳未満は喫煙所の立入禁止ともなる。
(特設サイトはこちらhttps://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/)


受動喫煙防止対策として最大100万円を支援する


 事業者を対象として受動喫煙対策を行う際の支援を開始する。
この助成金は中小企業事業主が受動喫煙防止対策を実施するために必要な経費のうち、一定の基準を満たす各種喫煙室等の設置などにかかる工事費、設備費、備品費、機械装置費などの経費に対して助成を行う制度との事。
 対象事業者は中小企業事業主となるが、受付は原則申請順とし、申請額が予算額に到達した場合、申請受付を締め切る予定と発表。


引用:厚生労働省https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/support/

喫煙率、全国1位である福島県の建築会社が喫煙者と非喫煙者を支援


 厚生労働省が実施した2012年の国民健康・栄養調査で、福島県の喫煙率が、全国平均の20.7%を大きく上回る39.7%であった。福島県でこれほどまでに禁煙率が高い理由は、東日本大震災原発事故の大きなストレスによるものではないかと考えられている。
 大きなストレスの影響で喫煙者が膨大に増えた中、建築会社デバイスホーム株式会社デバイス 代表:弓田和彦 所在地:福島県会津若松市南千石町3-12 https://www.luckydakara.com/)が喫煙者と非喫煙者の両者を支援する異例の発表をした。対象者は、ご家族の中に喫煙者が居るだけで条件が適応される。あくまで、趣旨としては家族みんなが笑顔で暮らしていけるよう願いを込めてキャンペーン企画を実装する事を決意した。


 支援内容としては「ニコチルパッチ」を限定100名様へ無償プレゼントする。
しかし、実際に禁煙を成功した意見によると“ニコチルパッチ”では中々、禁煙する事は難しく最終的に自分の意思でやめなければならないと言う声が非常に多かった。
そこで、デバイスホーム東北大震災と原発事故ストレスを軽減する為に「流行しつつある喫煙ルーム」の支援も4月より開始される予定だ。喫煙者は新築を建てると同時に“ご家族の批判”も多く、炎天下の真夏や極寒の吹雪の中でも構わず、たばこを吸いにわざわざ外出しなければならない。小さなストレスが蓄積されると大きなストレスと変化して離婚する家族も少なくない。禁煙する事が一番なのだが、“禁煙中にも莫大なストレスを抱えてしまう”ので、禁煙の強要はしないとの事。確かに家庭で一番優先するのは『ご家族と幸せに築く環境や子供が教育にも専念できる環境作り』が重要と強く感じた。


今だけ物置としても使える喫煙ルームと消臭効果のある壁付けタイルが貰える


 喫煙ルーム支援とは、文字通り喫煙ルームに関わる「材料費及び施工費」がサービスされる。素人からすると実際に設けた場合“どれくらいの金額が発生するのか気になる”ので調べてみた。調査結果として喫煙ルームの材料費や施工費としては多額の金額が発生しないのだが、部屋の大きさにも含まれるので間取りも多少なりと変動してくる。仮に2畳分の喫煙ルームを設けた場合、相場としては、トータル約90万前後は最低でも見込む必要がある事が分かった。更に喫煙ルーム付近に「エコカラット」もセットされる。エコカラットは主にトイレや玄関前に活用される事が多いが、たばこの臭い対策も半減する。因みにエコカラットとは綺麗な空気を作る為に消臭効果や除湿効果と加湿効果もあるので、女性の消費者に支持率が高いのだ。
 我々の立場からした場合、エコカラットも含めて「約150万円相当の喫煙ルーム」が無償で手に入る。仮に禁煙に成功した場合でも納戸(物入れ)として活用できるので、将来的にも有効活用できるので、便利性も高まる。


イメージ例:エコカラット
イメージ例:エコカラット

引用:https://www.luckydakara.com/insistence-point/
イメージ例:喫煙ルーム
イメージ例:喫煙ルーム

引用:https://roomclip.jp/tag/325683

今回のまとめ


  内容を簡単にまとめると“現在は厚生労働省も禁煙を本格的に実装する為、あらゆる手段を使っている。だが、喫煙率全国一位である福島県は「東北大震災や原発事故」の影響により莫大のストレスを抱えている。ひと家族でも多く『ご家族と幸せに築く環境や子供が教育にも専念できる環境作り』を手に入れて欲しいので、喫煙者と非喫煙者が多い家庭を支援していくとの事。厚生労働省で改正されたこれから法律が実装された事で環境や状況も大きく変わっていく中、こちらの支援はどのように役立っていくのだろうか。


本件に関するお問い合わせ


運営管理:株式会社デバイス
電話:0120-91-0404
MAILinfo@luckydakara.com
公式LINEhttps://line.me/R/ti/p/%40lzr3109e
HPhttps://www.luckydakara.com/
住所福島県会津若松市南千石町3-12
担当:渡部